粗大ごみの出し方

最終更新日:2014年7月27日

粗大ごみを出すときは、有料で事前の申込みが必要です。なお、家庭から出たものが対象ですので、事業者が出す場合は、許可を受けた専門業者に依頼してください。

粗大ごみになるもの

日常生活に伴って生じた大型の家具などで、一辺の長さがおおむね30㎝以上のものが対象です。
粗大ごみになるもの

粗大ごみとして収集できないもの

家電4品目・パソコン

家電4品目
家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)とパソコンは、家電リサイクル法や資源有効利用促進法により、リサイクルが義務付けられています。

家電4品目の出し方
家庭系パソコンの出し方

自動車・オートバイ・タイヤ・ピアノ・耐火金庫など

自動車・オートバイ・タイヤ・ピアノ・耐火金庫などは区では収集できません。専門業者を紹介しますので、管轄の清掃事務所・清掃センターに問い合わせてください。

粗大ごみの出し方

1.電話またはインターネットで申し込む

粗大ごみ受付センター

2.粗大ごみのシールを購入する

2.粗大ごみのシールを購入する画像
粗大ごみは有料です。排出する粗大ごみの料金に相当する新宿区専用の「有料粗大ごみ処理券」を、「有料粗大ごみ処理券及び有料ごみ処理券取扱所」の標識があるお店か、清掃事務所・清掃センター・各特別出張所・ごみ減量リサイクル課(区役所7階)で購入してください。

3.当日の朝、粗大ごみを出す

粗大ごみにシールを貼って、収集できる場所(一戸建ての玄関先のスペースや集合住宅の1階の出口部分のスペースなど)に出してください。また、運び出しが困難な65歳以上のひとり暮らしの方や、身体に障害のある方に対して、粗大ごみの運び出し収集を行っています。

粗大ごみ収集におけるプライバシー保護

粗大ごみを収集する際、誤って他の品物を収集しないため、「粗大ごみ処理券」に「氏名」の記載をお願いしています。諸事情により「氏名」を記載できない方は、「氏」、「収集日」の両方または片方を明記してください。ただし、集合住宅等の粗大ごみ置き場に、前もって出す場合には必ず管理人などと相談し、「氏名」などの記載や「収集日順に整理」しておくなど、収集が円滑に行えるように協力してください。

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

お探しのページは見つかりましたか?
本ページの情報は役に立ちましたか?