細街路拡幅整備事業について(はじめに)

安全で快適な街を目指して 狭い道路の拡幅整備を進めます

※細街路拡幅整備の例※細街路拡幅整備の例
 新宿区のまちには、今も4m未満の細街路(狭あい道路、2項道路)が数多く残っています。 細街路の拡幅を進めることは、災害時の避難路や緊急自動車の進入路の確保など、まちの安全性を高め、快適な生活を送るための基礎的な都市基盤の整備につながります。 区では、建築基準法第42条第2項に規定する道路(細街路)について、平成14年6月1日より『新宿区細街路拡幅整備条例』を施行し、区民及び事業者の方々のご協力のもとに細街路の拡幅整備を進めることにより、安全で快適なまちなみに改善するよう努めています。最近の地震災害などでも細街路拡幅整備の必要性が再認識されていますので今後ともご協力をお願いします。

細街路沿道整備事業について

建築基準法の道路について

位置指定道路の指定、変更及び取消しについて

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。