建築物における液状化対策について

最終更新日:2014年10月7日

 平成23年3月に発生した東日本大震災では、震源から遠く離れた東京都内でも、臨海部だけでなく内陸部においても液状化が発生し、木造住宅などに建物被害が発生しました。
 東京都では、建築物における液状化対策についてまとめたホームページを公開しており、東京の地盤(ボーリング柱状図)や液状化予測図、液状化による建物被害に備えるための手引き等を閲覧できます。以下のリンクより閲覧ができますので、ご確認ください。

建築物における液状化対策について(東京都HPへリンク:新規ウィンドウ表示)
建物における液状化対策ポータルサイト(東京都HPへリンク:新規ウィンドウ表示)
東京都の液状化予測図(東京都土木技術支援・人材育成センターHPへリンク:新規ウィンドウ表示)
液状化による建物被害に備えるための手引き(東京都HPへリンク:新規ウィンドウ表示))

また、新宿区地盤情報閲覧システム(区HP)において、区内のボーリングデータ柱状図を公開しています。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 都市計画部-建築指導課
構造設備担当
電話:03-5273-3745(ダイヤルイン)
FAX:03-3209-9227

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。