高度利用地区について

最終更新日:2015年11月16日

高度利用地区とは

高度利用地区は、市街地において細分化した敷地等の統合を促進し、防災性の向上と合理的かつ健全な高度利用を図ることを目的として指定される地区です。壁面の位置の制限、建ぺい率の低減や住宅の確保など、市街地の整備改善と併せて、容積率が緩和されます。

高度利用地区が定められている地区

[1]西大久保四丁目地区
[2]飯田橋地区
[3]西新宿六丁目 中央地区
[4]西新宿浄風寺周辺地区
[5]西早稲田地区
[6]関水地区
[7]西新宿六丁目 東地区
[8]西新宿六丁目 西第3地区
[9]西新宿六丁目 西第1地区
[10]新宿三丁目 東地区
[11]西新宿六丁目地区
[12]北新宿地区
[13]西新宿六丁目 西第6地区
[14]西新宿六丁目 西第7地区
[15]西新宿八丁目 成子地区
[16]西富久地区
[17]西新宿五丁目北地区
計 35.3ha

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。