◎子育てをサポートする事業

最終更新日:2017年2月8日

◎子育てをサポートする事業画像1

子育てをサポートする事業

子どもと家庭の総合相談
 :子育ての不安や悩み、困っていることやわからないことなど、気軽にご相談ください。相談員が一緒に考え、アドバイスします。 また、必要に応じて専門機関への紹介も行っています。相談は、電話・ファックス等で受け付けています。また、専用の相談室もありますので、来所による相談も可能です。

ひろば型一時保育
 :理由を問わず、1回4時間まで、6ヶ月から小学校前までのお子さんを預かります。

子どもショートステイ
 :保護者が病気や入院、冠婚葬祭などにより、一時的にお子さんをみることができないとき、区内の児童福祉施設や協力家庭でお預かりします(1回7日以内)。

トワイライトステイ
 :夜間お子さんを養育できないときに、協力家庭でお預かりします。

育児支援家庭訪問事業(産後支援)
 :生後1年未満のお子さんがいるご家庭に、出産後の育児・家事の援助を行う援助者を派遣します。

子育て訪問相談
 :経験豊かな保育士が相談者の自宅に訪問し、子育てに関する相談をお聞きしたり、子育ての情報を提供します。

利用者支援事業
 :子育て期のいろいろな悩みごと・困りごと等について、専門職員が一緒に考えたり、必要な情報を提供したり、適切なサービスや支援機関を紹介する事業です。子育てひろばで子どもを遊ばせながら、気軽に相談できます。

ファミリー・サポート・センター
 :ファミリー・サポート・センターとは、区内において子育ての援助を必要とする方(利用会員)に対し、子育ての援助を行いたい方(提供会員)を紹介し、保育施設等への送迎や会員宅での預かりなどを行う会員制の相互援助活動です。

本ページに関するお問い合わせ