ひとり親医療費助成

ひとり親家庭の方(親と子)が健康保険証を使って医療機関で診療を受けた場合、その窓口で支払う自己負担のうち、一部負担金等相当額を除く医療費を助成する制度です。

受給資格

次のいずれかの状態にある18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童(児童が中度以上の障害を有するときは20歳未満)を監護・養育している父母又は養育者の方
  • 父母が離婚した児童
  • 父又は母が死亡した児童
  • 父又は母が重度の障害(身体障害者手帳1~2級程度)を有する児童
  • 父又は母が生死不明である児童
  • 父又は母に1年以上遺棄されている児童
  • 父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父又は母が法令により1年以上拘禁されている児童
  • 婚姻によらないで出生し、子の父(父子家庭の場合は母)に扶養されていない児童
     

対象外

次のいずれかに該当するときは、申請の対象となりません
  • 生活保護を受給しているとき
  • 申請者及び児童が健康保険に加入していないとき
  • 児童が児童福祉施設等(通園施設等を除く)に入所しているとき
  • 児童が里親に委託されているとき
  • 児童が父及び母と生計を同じくしているとき(父または母が障害による受給を除く)

所得制限

申請者及び扶養義務者(同住所に住む親族等)の平成26年中の所得が下表の所得制限以上であるときは、この制度を受けることはできません。
この限度額の表の内容は、平成28年1月から平成28年12月までの申請に適用されます。
扶養親族数 ひとり親家庭の父又は母 及び孤児等以外を養育する養育者 孤児等の養育者、配偶者及び扶養義務者の所得制限額
0人 1,920,000円 2,360,000円
1人 2,300,000円 2,740,000円
2人 2,680,000円 3,120,000円
3人 3,060,000円 3,500,000円
4人以上 1人増すごとに380,000円加算 1人増すごとに380,000円加算

扶養親族数・・・平成26年中の所得申告時に申告した扶養親族の人数
所得額・・・平成26年中の年間収入-(給与所得控除又は必要経費)- 控除額(下表参照)
児童の父又は母から養育費の支払いを受けている場合は、その80%を所得に含めます。

控除額一覧

控除内容 控除額
一律控除(社会保険料相当) 8万円
雑損・医療費・小規模企業共済等掛金・配偶者特別控除 課税上実控除額
特別障害者控除・特別障害者扶養控除 40万円
障害者・勤労学生・障害者扶養控除 27万円
老人扶養控除 10万円
老人扶養控除(扶養義務者の場合) 6万円
寡婦(夫)控除(申請者が父母の場合を除く) 27万円
寡婦の特例者控除(申請者が父母の場合を除く) 35万円
特定扶養親族(申請者のみ) 15万円

医療証について

認定後、ご自宅へ医療証を送付します。医療機関で受診するときに、健康保険証とあわせて医療証を提示してください。
対象者 上記受給資格に該当する18歳に達する日以後最初の3月31日までの児童及びその児童を養育する父母又は養育者
有効期間 毎年12月31日まで(毎年1月1日に更新します) または18歳に達する日以後の最初の3月31日まで
取扱医療機関 東京都内の契約医療機関
助成内容 下表の一部自己負担分を除く、健康保険が適用される自己負担相当額

助成内容

申請者及び扶養義務者の住民税の課税状況によって、一部自己負担していただく場合があります。
助成対象は、下記の自己負担分を除いたものです。住民税課税世帯と非課税世帯で、助成内容が異なります。
住民税課税世帯の方(負担者番号81136046)
入院・外来 医療費=定率1割自己負担
※ただし、自己負担する額には上限があります。
  • 個人ごと…外来 月12,000円まで(医療機関が複数の場合は合算)
  • 世帯ごと…外来・入院 月44,400円まで(医療機関、受診者が複数の場合は合算)
食事療養費 1食につき360円(自己負担)※平成28年4月1日から改正
  • 住民税課税世帯とは、住民税の均等割、所得割のいずれか又は両方が課税されている場合です。申請者が非課税であっても、扶養義務者(同住所に住む親族)が課税されている場合は、課税世帯となります。
  • 住民税課税世帯の方が上記の負担額を超えて医療機関に一部負担金を支払った場合は、申請することにより超えた部分を返還します。詳細は、お問合せください。

住民税非課税世帯の方(負担者番号81137044)
入院・外来 医療費=一部負担なし
食事療養費 1食につき360円(自己負担))※平成28年4月1日から改正
※加入している健康保険に食事代の標準負担額減額認定証の交付申請をしてください。この認定証を医療機関に提示すると、食事療養費が210円に減額されます。認定証の交付申請の方法は、加入している健康保険に確認してください。

※下記に該当するときは、ひとり親医療の助成を受けることはできません。

  • 心身障害者及び子ども医療費助成制度を受けることができるとき
  • 小・中学校での事故により、日本スポーツ振興センターの給付が受けられるとき
     

ひとり親医療証の申請

次のものを用意して、「子ども家庭部子ども家庭課育成支援係(区役所本庁舎2階16番窓口)」へお越しください。申請した日から助成の対象となります。なお、郵送での受付はしていません。

  • 申請者及び児童の戸籍謄本
    ※戸籍謄本は、申請をする日から1ヶ月以内に交付されたものをご用意ください。
    ※受給資格が「離婚」の方で、転籍等をして現在の戸籍謄本に離婚の事実の記載がない場合は、離婚したことが記載された除籍謄本等も必要になります。  
  • 申請者及び児童の健康保険証
  • 平成27年度住民税課税(非課税)証明書
    ※平成26年中の所得・控除・扶養の内容が記載されている区市町村の発行証明書※平成27年1月1日現在お住まいだった区市町村で発行となります。
    ※平成27年1月1日現在新宿区にお住まいだった方は提出不要ですが、未申告の方には申告をお願いします。
  • 父、母又は児童が障害を有するときは「障害認定診断書」
    ※障害の状況により身体障害者手帳、愛の手帳等で診断書に代えることができる場合があります。
  • 児童扶養手当を受給している方は「児童扶養手当証書」
  • 個人番号(マイナンバー)の記入。
    ※申請書に、申請者等の個人番号(マイナンバー)を記入してください。 

★その他、申請者及び児童の状況等によって、調査書等の提出をお願いする場合があります。

現況届

医療証を交付されている方は、毎年10月下旬~11月上旬に現況届を提出していただきます。現況届は、前年の所得、家族状況等を確認し、受給資格を更新するための届出です。現況届を提出されないと、医療証の交付をすることができなくなりますので、必ずご提出ください。
現況届は、毎年10月下旬頃ご自宅へ郵送します。
★児童扶養手当受給者の方は・・・児童扶養手当を受けている方で、毎年8月の「児童扶養手当現況届」を提出いただいている方は、ひとり親医療費助成現況届の提出にかえさせていただきますので、郵送はいたしません。

その他の手続き

次の場合は、手続きが必要です。必ず届け出てください。
  • 受給者又は児童が日本国内に住所を有しなくなったとき
  • 児童が別居するなど養育関係に変更があったとき
  • 児童福祉施設などに入所したとき
  • 受給者の氏名が変更したとき
  • 受給者もしくは児童が死亡したとき
  • 健康保険証が変更したとき
  • その他受給資格に該当しなくなったとき

用紙等のダウンロード

※各種申請の申請控えが必要な方は窓口でお申し出ください。郵送にて申請の場合には下記担当までご連絡いただければ、その都度申請状況についてお答えいたします。
用紙等のダウンロードをするときは、必ずA4版の普通紙で印刷してください。感熱紙は使用しないでください。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 子ども家庭部-子ども家庭課
育成支援係【区役所本庁舎2階16番窓口】電話:TEL5273‐4558 FAX:3209-1145

本ページに関するご意見をお聞かせください

お探しのページは見つかりましたか?
本ページの情報は役に立ちましたか?