保険料の計算方法について

最終更新日:2022年4月1日

保険料率等について

保険料には、基礎賦課額(医療分)と後期高齢者支援金等賦課額(支援金分)と介護納付金賦課額(介護分)があり、 それぞれに均等割額と所得割額があります。これら全てをあわせて国民健康保険料とします。

【令和4年度の保険料率等】

年間保険料は、(1)と(2)と(3)の合計です。
  (1)医療分 (2)支援金分 (3)介護分
均等割額 42,100円
×世帯の加入者数
13,200円
×世帯の加入者数
16,600円
×世帯の加入者のうち40~64歳の加入者数
所得割額 世帯の加入者全員の算定基礎額×7.16% 世帯の加入者全員の算定基礎額×2.28% 世帯の加入者のうち40~64歳の算定基礎額×2.04%
賦課限度額 65万円 20万円 17万円

※算定基礎額とは、令和3年中の総所得金額等から基礎控除額43万円(合計所得金額が2,400万円以下の場合)を差し引いた金額です。
※令和4年度から、子育て世代への支援として、未就学児に係る均等割保険料が5割に減額されます。減額を受けるにあたって、申請等の必要はありません。
※(3)介護分保険料は、40歳から64歳までの方が対象です。

【令和3年度及び令和2年度の保険料率等】

  令和3年度 令和2年度
  (1)医療分 (2)支援金分 (3)介護分 (1)医療分 (2)支援金分 (3)介護分
均等割額 38,800円 13,200円 17,000円 39,900円 12,900円 15,600円
所得割額 7.13% 2.41% 2.05% 7.14% 2.29% 1.96%
賦課限度額 63万円 19万円 17万円 63万円 19万円 17万円

所得割額の算定方法について

『保険料所得割額算定方法について』を参照ください。

 具体的な保険料の計算例について
『保険料の計算例について』を参照ください。

保険料の試算

【保険料の試算】
令和4年度の国民健康保険料の概算については、下部にある早見表を参照ください。
早見表を利用される際、下記のいずれかの書類をお手元にご用意ください。
■令和3年分確定申告の控え(分離課税がある場合は、分離課税用の控えもご用意ください)
■令和3年分給与の源泉徴収票(昨年の所得に給与がある場合)
■令和3年分年金の源泉徴収票(昨年の所得に年金がある場合)

≪早見表一覧≫
令和4年度 国民健康保険料 概算早見表(総所得金額等)PDF:748KB
令和4年度 国民健康保険料 概算早見表(給与/年金のみの場合)PDF:275KB
令和4年度 国民健康保険料 減額賦課早見表 PDF:586KB
※減額賦課の該当になるか確認する場合は、減額賦課早見表も合わせてご利用ください。


なお、令和3年度及び令和2年度の保険料については、下部の早見表(令和2年度はエクセルシート)で年間保険料を試算できます(ただし、減額賦課等は考慮していません)。
※パソコン等の環境により、早見表やエクセルシートをご利用いただけない場合は、確定申告書の控えや源泉徴収票など、総所得金額等がわかるものをお手元にご用意の上、担当係までお問い合わせください。

≪令和3年度早見表一覧≫
令和3年度 国民健康保険料 概算早見表(総所得金額等)PDF:809KB
令和3年度 国民健康保険料 概算早見表(給与・年金)PDF:159KB
令和3年度 国民健康保険料 減額賦課早見表 PDF:803KB
※減額賦課の該当になるか確認する場合は、減額賦課早見表も合わせてご利用ください。

≪令和2年度エクセルシート≫

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-医療保険年金課
国保資格係【区役所本庁舎4階8番窓口】
電話:5273-4146
FAX:3209-1436

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。