保険料所得割額算定方法について

最終更新日:2015年4月1日

国民健康保険料には、基礎賦課額(医療分)と後期高齢者支援金等賦課額(支援金分)と介護納付金賦課額(介護分)があり、それぞれに均等割額と所得割額があります。
所得割額は、算定基礎額(前年中の総所得金額等から基礎控除額33万円を差し引いた額)を基に計算します。

総所得金額等

※1 国民健康保険料における総所得金額等とは下記の(1)及び(2)の合計金額をいいます。
(1) 総所得金額 ・事業所得
・不動産所得
・利子所得
・給与所得
・総合課税の配当所得
・総合譲渡所得
・雑所得
・一時所得
(2) 他の所得と区分して計算される所得
(申告分離課税所得)
・上場株式等に係る配当所得の金額
・土地建物等に係る譲渡所得等の金額
・長期譲渡所得の金額(特別控除適用後)
・短期譲渡所得の金額(特別控除適用後)
・株式等に係る譲渡所得等の金額
・先物取引に係る雑所得等の金額

【注意事項】
  • 退職所得は、算定基礎額(総所得金額等)には含みません。
  • 算定基礎額(総所得金額等)は、純損失の繰越控除及び上場株式等に係る繰越控除を適用した後の金額になります。
  • 算定基礎額(総所得金額等)には、雑損失の繰越控除は適用しません。
  • 特定口座で源泉徴収を受けた特定配当所得、特定株式等譲渡所得金額場合は総所得金額等に含みません。 ただし、確定申告した場合は総所得金額等に含みます。
  • 遺族年金、障害年金、老齢福祉年金等の非課税所得は、総所得金額等に含みません。

保険料の計算方法について

 保険料は毎年、見直しをしています。保険料の計算方法は、下記の「保険料について」のページに掲載しています。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-医療保険年金課
国保資格係【区役所本庁舎4階7番窓口】
電話:5273-4146(直通)

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。