女性の健康週間イベント「なるなるフェスタ2016」を開催
健康になる!キレイになる!楽しくなる!

最終更新日:2016年3月5日

写真:向井亜紀さんの講演
写真:スムージーの試飲
写真:血管年齢測定
今日5日、新宿区(区長:吉住健一)は3月1日~8日の「女性の健康週間」に合わせ、「女性の健康」がテーマのイベント「なるなるフェスタ2016 健康になる!キレイになる!楽しくなる!」を四谷保健センター、女性の健康支援センター(三栄町25)で開催した。

イベントでは、健康づくりに役立つ多彩な企画を実施。特別講演では、子宮頸がんなど2度のがんを克服し、子育てとタレントの仕事を両立している向井亜紀さんが、今日までの治療や療養生活などを自身の経験をもとに話した。向井さんが、「闘病中は自暴自棄になる人も多い。未来の自分をイメージして心を明るくすることが大切」と呼びかけると、来場者はうなずきながら聞き入っていた。

また、医師の齊藤英和さんが「卵子と精子の老化」をテーマに講演。男性の年齢が高くなると相手の女性が流産する確率も高まると解説し、「妊娠中や分娩時のリスクの増加は、男女両方の年齢と関係がある」と話すと、来場者はメモを取りながら耳を傾けていた。

ほかにも、1日350gの野菜を摂るための工夫の紹介と、野菜を手軽にとれるスムージーの試飲ができるセミナー、顔筋エクササイズの体験講座、理学療法士によるストレッチ教室や骨密度・血管年齢・眼圧などの測定ができる「からだのケンサ体験パーク」など、健康づくりの取り組みのきっかけになる内容が盛りだくさんの会場は、多くの来場者でにぎわった。
会場に来ていた女性は、「血管年齢や骨密度など、普段測定できないこともチェックできた。生活を見直して、今後はもっと健康に気を付けたい」と話してくれた。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 女性の健康支援センター
(四谷保健センター内) 電話03-3351-5161

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。