木組み博物館を新宿ミニ博物館第8号館に登録
伝統の木造建築の文化と技術を学び体験できる

最終更新日:2016年1月25日

木組み博物館を新宿ミニ博物館第8号館に登録小写真1
木組み博物館を新宿ミニ博物館第8号館に登録小写真2
新宿区(区長:吉住健一)は、区の地場産業や伝統工芸、区内にある文化財等を広く知ってもらい、未来へ継承していくため、「新宿ミニ博物館」の登録を行っている。
日本の木造建築の文化と技術を学び、体験できる「木組み博物館」を、新宿ミニ博物館第8号館として登録した。

博物館では、薬師寺西塔の木組み模型や日本の伝統建築技術である木組み・左官・漆塗りなどの模型や見本、建築に使用される木材の樹種の見本などを展示している。展示されている木組み模型は取り外して組み直すことができ、来館者が「くぎを使わない」伝統建築技術の木組みを体験できるほか、今後は伝統建築に関するワークショップなども実施する予定。

■木組み博物館施設概要
【所在地】西早稲田2-3-26 ホールエイト3階
【開館日時】火~木曜日午前10時~午後4時
【入館料】無料
【電話番号】03-3209-0430

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 文化観光産業部-文化観光課
文化資源係 電話03-5273-3563

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。