住民票等の証明

最終更新日:2010年1月7日

住民票の写しとは、住民票に記載されている事項(氏名、住所、生年月日,性別等)の写しのことです。
現在、住民登録をしているかたについての証明書を「住民票の写し」といい、
転出や死亡により除かれた住民票を「除票」といいます。
除票になると除票になった日から、5年間保存され証明ができます。
  • 平成24年7月から外国籍の方も住民票の取得が可能になりました。
  • 証明書取得の際は下記の項目については記載の有無を選択していただきます。
  日本人の方:続柄、本籍(筆頭者)
  外国籍の方:続柄、国籍・地域、在留資格・機関・満了日、在留カード・特別永住者証明書番号

新宿区では以下の6つの方法で住民票の写しの交付を請求する事ができます。
以下を参考にしてください。

窓口での請求

1 請求先及び受付時間

【請求できる方】


【請求先】


【受付時間】
月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時(休日・祝日・年末年始を除く)
毎週火曜日は午後7時まで受付しています受付時間延長のご案内ページ(別ページへ移動))。
 ※注意 請求できる方は、本人および同一世帯の方または代理人(委任状が必要)に限ります。

平日に区役所に来庁できない方のため、毎月第4日曜日に休日窓口を開設し、一部の事務を取り扱います。
取り扱う事務については
休日窓口についてのページ(別ページへ移動)を参照してください。
 [開設日時]
   毎月第4日曜日 午前9時~午後5時
 [開設場所]
   区役所本庁舎1階
   ※注意 特別出張所では休日の窓口開設は行いません。ご注意ください。

2 必要なもの

1.窓口に来られる方の本人確認ができる書類

 (有効期限内の運転免許証・旅券(パスポート)または住民基本台帳カード等)
 ※注意 外国人住民の方は在留カードまたは特別永住者証明書(在留カード等へ切り替える前の方は外国人登録証明書)をお持ち下さい。
 

2.同一世帯の方以外の代理の方が来られる場合は、委任状と代理人の本人確認ができる書類

 本人確認ができる書類については本人確認についてのページ(別ページへ移動)を参照してください。
 委任状は請求書等のダウンロードページ(別ページへ移動)からどうぞ。
 

3.第三者の方が請求する場合は申請理由を証明する資料(契約書の写しなど)

 詳しい内容はお問い合わせください

3 住民票の取り扱い、手数料

  • 第三者の方から住民票等の請求があった場合は、理由により交付できないことがあります。
  • プライバシーの侵害等につながるような不当な請求には応じられません。
種類 手数料
住民票の写し  1通  300円
住民票記載事項証明書  1件  300円
住民基本台帳一覧表の閲覧※ 30分  1000円
 不在住証明書  1通      300円

郵送による請求

1 請求先

2 必要なもの

1 住民票を請求する旨の請求書(以下の事項を任意の用紙にお書きください。)
 [1] 請求者の住所、氏名、電話番号(昼間に連絡のとれる番号)
 [2] 必要な人の住所、氏名(請求者と同じ場合は必要ありません。除票の場合は新宿区での住所をお書きください。)
 [3] 世帯全員か一部(必要な人の氏名)の別
 [4] 必要通数
 [5] 続柄、本籍記載の要、不要
 [6]  外国人住民の特別記載事項(国籍・地域、在留資格・期間・満了日、在留カード・特別永住者証明書番号の記載の有無)
 [7] 使いみち
  • 代理人請求の場合は、代理人の住所、氏名、生年月日、電話番号も書いてください。(委任状など必要な書類があります。詳しくは戸籍住民課住民記録係または特別出張所にお問合せください。)
  • 請求事項に不明な点がある場合は、電話等により確認することがあります。(昼間連絡が取れる連絡先の電話番号の記入をお願いします。)
  • 請求者(代理人請求の場合は代理人)の氏名が自署でない場合は押印が必要です。

2  請求者本人を確認できる書類(有効期限内の運転免許証・旅券(パスポート)または住民基本台帳カード等のコピー)
3 手数料=住民票の写し1通につき300円  
  • 手数料分の定額小為替を郵便局で購入してください。
  • おつりは定額小為替か切手でお返しします。

4 返信用封筒(あて名記入、切手貼付)
  • 送付先は、請求者本人の住民登録地宛てになります。
  • たくさんの通数を請求されるときは、余分に切手を入れてください。
  • 郵送請求の場合、配達日数と区役所の事務所処理の日数が必要です。
  余裕をもって請求してください。なお、お急ぎの方は速達郵便をご利用ください。(速達返信用の切手も同封してください。)

自動交付機での発行

夜間や土・日曜日、祝日等でも自動交付機で『住民票の写し』が受け取れます。 自動交付機による『住民票の写し』の交付手数料は、1通200円です。

電話予約による請求

 区役所の開庁時間内に来庁できない方のために、電話予約により閉庁後または休日に『住民票の写し』を受け取ることができます。手数料は1通300円です。
 電話予約については電話での請求についてのページ(別ページへ移動)をご覧ください。
 

宿直窓口での取り次ぎによる請求

宿直窓口(区役所本庁舎地下1階)で『住民票の写し』の交付請求の取り次ぎを行っております。
窓口取扱い時間外は、区役所地下1階の宿直窓口で交付申請の取り次ぎを行っています。
※注記 年末年始は取り次ぎを行っていません。

【請求できる方】
 本人及び同一世帯の方に限られます。
 ※注記 宿直窓口に来られる方の本人確認ができる書類(有効期限内の運転免許証、旅券(パスポート)、住民基本台帳カード、在留カード等)をお持ちください。本人確認ができる書類については本人確認についてのページ(別ページへ移動)を参照してください。

【請求の流れ】
 直接、宿直窓口で請求書に記入し、手数料(1通300円)・送料とともに預けてください。翌開庁日以降に住民票の住所へ『住民票の写し』を郵送します。
 ※注記 返信用封筒に請求者の住所、氏名をはっきりと書いてください。送付先は住民票の住所に限ります。

【注意】
 請求できる住民票の写しは現在のものです。(除票は取れません。)

広域交付(新宿区以外の住民票)による請求

【新宿区民以外の方が新宿区で住民票の写しを請求する場合】
 ※注記 住民票のある市区町村のシステムの稼働状況により、広域交付住民票を交付することができない場合もありますので、事前に住民票のある市区町村に問い合わせてからお越しください。    

 [請求できる方]  
  本人および同一世帯の方に限られます。      
 [請求先]  [受付時間]
  月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時(休日・祝日・年末年始を除く)
   ※毎週火曜日の窓口延長時間、毎月第4日曜日の休日開設日では取り扱えません。
 [手数料]
  1通  300円
 [必要なもの]
  窓口に来られる方の本人確認が出来る書類
  有効期限内の運転免許証・旅券(パスポート)・住民基本台帳カードまたは在留カード等の官公所が発行した顔写真付きの証明書が必要です。
  ※注記 健康保険証等の顔写真が付いていない証明書では交付できません。
 [ご注意]
  • 請求できる住民票の写しは現在のものです。(除票は取れません)
  • 本籍及び筆頭者氏名を記載することはできません。
  • 続柄、住民票コード、個人番号の記載を選択することができます。
  ※注記 本籍・筆頭者氏名の記載、現在住んでいる市町村内での転居の履歴の記載が必要な場合は、住民票のある市区町村に直接ご請求ください。

新宿区民の方が新宿区以外の市区町村で住民票の写しを請求する場合】
 ※注記 受付時間や手数料等、各市区町村の取扱いが異なる場合がありますので、住民票の写しを取る市区町村に事前に問い合わせてからご利用ください。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 地域振興部-戸籍住民課
住民記録係  窓口:本庁舎1階7番窓口
〒160-8484
  東京都新宿区歌舞伎町1丁目4番1号
        TEL :03-5273-3601(直通)
        FAX :03-3209-1728

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。