乾電池の出し方

最終更新日:2017年1月13日

 電池には、たくさんの種類があります。大きく分けて、「使いきりの乾電池」と充電すれば繰り返し使える「充電式電池」があります。電池を処分するときは、ルールを守って出しましょう。電池に含まれる有用な資源を活用することができます。

乾電池の種類

使い切りの乾電池(マンガン・アルカリ・リチウム)

一次電池

  • マンガン乾電池

  • アルカリ乾電池

  • リチウム電池

    ※コイン型リチウム電池(型番がCRあるいはBRのもの)は乾電池と一緒に回収しています。


週1回、資源・ごみ集積所で回収しています。詳しくはこちらをご参照ください。

また、地域センターなどの区施設や、区内の一部のスーパーなどに設置してある回収ボックスでも回収しています。

  • ボタン電池


回収協力店などに設置してある回収缶に入れてください。

小型充電式電池(充電して繰り返し使えるタイプ)

小型充電式電池

  • ニカド電池

  • ニッケル水素電池

  • リチウムイオン電池


回収協力店などに設置してある回収ボックスに入れてください。

マンガン乾電池・アルカリ乾電池・リチウム電池の出し方

 使用済みのマンガン乾電池、アルカリ乾電池、リチウム電池を処分するときは、区施設などの区内約70箇所に設置してある「乾電池回収ボックス」に入れてください。「乾電池回収ボックス」に入れていいのは、マンガン乾電池とアルカリ乾電池のみです。他の電池は入れないでください。
マンガン乾電池・アルカリ乾電池・リチウム電池の出し方

ボタン電池の出し方

使用済みのボタン電池は、近くの電器店、時計店、カメラ店などに設置してあるボタン電池回収缶に入れてください。ボタン電池には、一部、水銀が含まれていますので、適正処理にご協力ください。
ボタン電池の出し方
※ボタン電池についてもっと詳しく知りたいときは、次をご覧ください。
一般社団法人電池工業会ホームページ
(一般のご家庭の方はこちらで「回収缶」設置店が調べられます。)

小形充電式電池の出し方

 ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池などの小型充電式電池は、法律で回収・リサイクルが義務づけられています。小型充電式電池には、リサイクルマーク(下参照)が付けられていますので、このマークのついた電池を処分するときは、回収協力店などに設置してある「小型充電式電池リサイクルボックス」に入れてください。

   
リサイクルボックス リサイクルマーク
※小型充電式電池についてもっと詳しく知りたいときは、次をご覧ください。

リサイクルの流れ

新宿区のリサイクルの流れをご紹介します。
・乾電池

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。