容器包装プラスチックの汚れの落とし方

容器包装プラスチックは汚れたままではリサイクルできません。中身を使い切っても、汚れや臭いが残っている場合は、軽く洗うか布などで拭いてください。

汚れを落とすコツ

  • 食べるなどして中身を使い切った後、できるだけ早く、洗ったり拭いたりするほうが、汚れを取りやすいので効果的です。
  • 洗うときは、食器を洗った後の残り水などを利用すれば、節水・省エネになります。
  • 納豆のパックなどのネバネバした汚れは、しばらく水に漬けておけば、取りやすくなります。
  • ソース・シャンプーなどのボトル類やマヨネーズ・歯磨き粉などのチューブ類は、口から水を入れ、キャップをしてからよく振ると、汚れが取れます。
  • トレイなどの油汚れは、洗うよりも、布などで拭き取ったほうがよく取れます。
  • 食用油のボトルは、洗う必要はありません。中を拭くことはできないので、キャップをはずして、布などの上で一晩逆さにする程度で構いません。
汚れを落とすコツ

どの程度まで落とすか

多くの場合、水を少しかける程度で、汚れの大部分は取れます。
なお、どうしても汚れが取れないものは、燃やすごみに出してください。
どの程度まで落とすか

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。