燃やすごみの出し方

最終更新日:2011年4月1日

燃やすごみの収集は週2回です。祝日も曜日どおりに収集します。(日曜日・年末年始は除く)

燃やすごみになるもの

燃やすごみになるもの 一覧

燃やすごみ

出し方

ふたつきの容器か中身の見えるポリ袋に入れて、週2回の収集日の朝8時までに集積所へ出してください。収集曜日は地域によって異なりますので、次で確認してください。

排出時のお願い

  • 生ごみは、水きりをして出してください。
  • 食用油は、紙や布にしみ込ませるか、凝固剤で固めて出してください。
  • 植木の葉・枝は、50㎝程度の長さにしてから、2~3束ずつ出してください。
  • 紙おむつは、汚物を取り除いてから出してください。
  • 生理用品、混紡衣類、化学雑巾、たばこの吸殻などは、複合素材でできていますが、可燃ごみになります。

分別で迷いやすいもの

これは燃やすごみ

貝殻、卵の殻、魚の骨、紙コップ、ちり紙、写真、感熱紙、窓付き封筒、湿布、乾燥剤、ストッキング、タイツ、ジーンズ、布製品、テレフォンカード、スニーカーなど

これは金属・陶器・ガラスごみ

アルミホイル、使い捨てカイロなど

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。