わたしたちにとって「自治」ってなに?

区政60周年記念シンポジウム

わたしたちにとって「自治」ってなに?

開催日時:平成19年2月17日(土) 午後2時から4時
会 場:早稲田大学国際会議場 井深 大 記念ホール

昭和22年3月15日にかつての四谷・牛込・淀橋区が統合して新宿区が誕生し、今年は、60周年にあたります。また、自治制度が発足して60周年の記念すべき年でもあります。
現在、地方分権改革推進法の成立と第二期分権改革の動きが活発になる中で、「自治」をめぐる議論が高まりを見せています。その一方で、国と地方が財源の奪い合いをしているかの印象を持つ人も少なくありません。
新宿区は、区という基礎自治体に権限や財源を集めることがなぜ必要か、分権型社会がなぜ求められるのかを、この節目の年に区民の皆様とともに考えたいとシンポジウムを開催し、約300名の参加がありました。
なお、当日は午後1時から、新宿区基本構想審議会と新宿区都市計画審議会会長より、基本構想・基本計画・都市マスタープランの策定に向けた最終答申が中山区長に提出されました。

基調講演 「わたしたちにとっての自治と、これからの自治」

東京大学名誉教授 大森 彌(わたる)氏

講 師:東京大学名誉教授 大森 彌(わたる)氏
概要はこちら(PDFファイル)

パネルディスカッション「身近な地域での自治について」

コーディネーター:卯月 盛夫氏(早稲田大学教授)
パネリスト:
大森 彌氏(東京大学名誉教授)
高山 俊達氏(元新宿区民会議世話人会会長)
安田 明雄氏(柏木地区協議会委員)
中山 弘子(新宿区長)
概要はこちら(PDFファイル)

パネルディスカッション
パネルディスカッション

答申提出式
答申提出式

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 総合政策部-企画政策課
電話:03-5273-3502 FAX:03-5272-5500

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。