長期特定疾病で療養の方

最終更新日:2017年4月1日

次の特定疾病で長期間、治療を必要とする方は、「特定疾病療養受療証」の交付申請をしてください。交付された 「特定疾病療養受療証」と保険証を病院等に提示すれば、その治療費の自己負担限度額が1か月1万円となります。ただし、70歳未満の方の人工透析に係る療養について、所得(基礎控除後)が600万円を超える世帯(※)の方の自己負担限度額は、1か月2万円となります。なお、申請のあった月の初日から適用となります。

(※)世帯に1人でも所得不明の方がいると、自己負担限度額は1か月2万円になりますので、税の申告をしてください。(所得がない場合でも税の申告をしてください。)


対象特定疾病
  • 人工腎臓を実施している慢性腎不全(いわゆる人工透析)
  • 血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害又は第9因子障害(いわゆる血友病)
  • 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症)

申請に必要なもの
認定を受ける方の保険証、上記のいずれかを証明する書類(詳しくはお問合せください)。窓口に来る方の本人(身元)確認書類及び世帯主と認定を受ける方の個人番号確認書類が必要です。⇒本人確認書類の内容はこちら


本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-医療保険年金課
国保給付係 【区役所本庁舎4階4番窓口】
電話:5273-4149(直通)

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。