がん検診推進事業についてのお知らせ

最終更新日:2022年6月1日

感染予防策を講じている医療機関において、健康診査・がん検診を実施します。なお、受診の際には新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力をお願いします。

◎受診の際は、発熱等の症状がないことを確認してください。
◎マスクを着用してください。
◎各医療機関の感染予防策にご協力ください。


コロナ禍におけるがん検診・健診受診ガイド 
東京都福祉保健局「コロナ禍におけるがん検診・健診受診ガイド」(新規ウィンドウ表示)
 

新宿区では、国の「がん検診推進事業」に基づき、
新宿区民で下記対象者の方に子宮頸がん及び乳がん検診を無料で実施します。

対象者

 令和4年度の対象者は下記のとおりです。

子宮頸がん検診

平成 13(2001)年4月2日~平成 14(2002)年4月1日までに生まれた女性
 

乳がん検診

昭和56(1981)年4月2日~昭和57(1982)年4月1日までに生まれた女性
 

新型コロナウイルス感染症に伴う無料クーポン券有効期間の延長について

 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、がん検診推進事業について、令和3年度対象で未受診の方を令和4年度も対象とします

◆対象者
 子宮頸がん検診 平成12(2000)年4月2日~平成13(2001)年4月1日までに生まれた令和3年度未受診の女性
 乳がん検診    昭和55(1980)年4月2日~昭和56(1981)年4月1日までに生まれた令和3年度未受診の女性

※ただし、令和4年4月1日以降に新宿区に転入した方を除く。

 対象の方には該当の検診票と「令和4年度子宮頸がん(または乳がん)無料クーポン券有効期間延長のお知らせ」はがきを5月下旬に送付しました。検診実施医療機関に検診票とはがきを持参すると無料で検診を受けることができます。
 がんを早期に発見し、早期に治療できるよう、有効期限までにぜひがん検診をご受診ください。

実施期限

令和5年3月31日まで
   

 ※年度末は医療機関が混みあいますので、お早めにご受診ください。

  

実施場所等

実施場所・検診内容・受診までの流れ

実施場所・検診内容・受診までの流れは、通常の区が実施するがん検診と同じです。
詳しくは、こちらをご覧ください。
※検診票を受診先に提出する際に、検診票と同封してある無料クーポン券を一緒にご提出ください。
 

検診票の請求方法

 【電話】
健康づくり課健診係   
03-5273-4207  

【窓口】
即日検診票を発行します。
健康づくり課健診係
新宿区新宿5-18-14 新宿北西ビル4F 第二分庁舎分館分室

令和4年度対象の方には検診票、無料クーポン券等を5月下旬に発送しました。
※対象の方で検診票が届かない方及び追加の検診票をご希望の方は、
健康づくり課健診係までお問い合わせください。

 

 

注意事項

新型コロナワクチン接種に伴う乳がん検診実施の留意事項

 新型コロナワクチン接種に伴う副反応として、反応性リンパ節腫脹(接種した側の脇の下や首などのリンパ節の腫れ)が見られることがあります。
 この副反応がある時に乳がん検診(マンモグラフィ)を実施すると、判定に影響を及ぼす可能性があります。
 日本乳癌検診学会のガイドラインでは、乳がん検診は可能であれば接種前か、ワクチン接種後6~10週間の間隔を空けてから受診することが望ましいとされています。
厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A「ワクチン接種後に脇のリンパ節が腫れました。注意すべきことはありますか。」(新規ウィンドウ表示)
厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A「追加(3回目)接種ではどのような副反応がありますか。2回目より重いのでしょうか。」(新規ウィンドウ表示)

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-健康づくり課
健診係
電話:03-5273-4207
ファクス番号:03-5273-3930

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。