新宿区ホームレスの自立支援等に関する推進計画

最終更新日:2019年10月16日

 新宿区は、乗降者数世界一の新宿駅や繁華街を抱え、流入するホームレスが大きな都市問題の一つとなっています。そこで、区は、ホームレス対策を区政の重要課題と位置づけ、平成18年に第1期の「ホームレスの自立支援等に関する推進計画」を策定しました。平成22年には「第2期 推進計画」、平成28年には「第3期 推進計画」として改定し、ホームレスの自立支援に積極的に取り組んでいます。

新宿区 第4期ホームレスの自立支援等に関する推進計画(策定中)

 「新宿区 第3期ホームレスの自立支援等に関する推進計画」が令和元年度までの計画のため、現在、令和2年度以降の「新宿区 第4期ホームレスの自立支援等に関する推進計画」の策定を行っています。
 新宿区内のホームレス数は長期的には減少傾向にあります。しかし、路上生活が長期化・固定化した高齢層や不安定な就労に従事する若年層、路上生活を繰り返す人などへの支援が、引き続き課題となっています。平成27年4月に「生活困窮者自立支援法」が施行され、平成29年6月には「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」が令和9年まで延長されました。国は、これらの法律を踏まえ、平成30年7月に「ホームレスの自立の支援等に関する基本方針」を改定し、東京都は、平成31年3月に「ホームレスの自立支援等に関する東京都実施計画(第4次)」を策定しました。
 これらの課題及び内容を踏まえ、実効性の高いホームレスの自立支援等の取り組みを推進することを目的として策定する5年間の計画です。
 「第3期 推進計画」と同様に、区民・学識経験者・福祉関係者で構成する「推進計画策定委員会」での検討を基に、パブリック・コメント制度(意見公募)でご意見をお寄せいただき、策定していきます。
 
(1)新宿区 第4期ホームレスの自立支援等に関する推進計画 策定委員会

  □第1回委員会(令和元年7月29日 開催)
  □策定委員名簿[PDF形式:119KB]
 
(2)新宿区 第4期ホームレスの自立支援等に関する推進計画(素案)に関するパブリック・コメント~皆様のご意見をお聞かせください~
  (令和元年10月15日で終了しました)

 「新宿区第4期ホームレスの自立支援等に関する推進計画(素案)を作成しました。この素案について幅広くご意見をいただき、今後の計画策定に活かしたいと考えています。
 ご意見に対する区の考え方は、生活福祉課、区政情報課、区ホームページで公表し、「広報新宿」(令和元年12月15日号)でも概要をお知らせします。

【素案】

 [1] 「新宿区第4期ホームレスの自立支援等に関する推進計画」(素案)[PDF形式:5789KB]
 [2] 「新宿区第4期ホームレスの自立支援等に関する推進計画」(素案)概要版[PDF形式:657KB]
 
【閲覧場所】

 素案は、次の場所で閲覧できます。
 生活福祉課(新宿区役所 第二分庁舎1階)
 区政情報課(新宿区役所 本庁舎3階)
 
【提出期間】

  令和元年9月15日(日)~10月15日(火)まで(終了しました。)
 
【問い合わせ先】

 新宿区福祉部生活福祉課生活支援係
  〒160-0022 新宿区新宿5-18-21 新宿区役所 第二分庁舎1階
   電話 03(5273)4570

「新宿区 第3期ホームレスの自立支援等に関する推進計画」の見直し

 区は、平成27年度に「新宿区第3期ホームレスの自立支援等に関する推進計画」を策定し、ホームレスの自立支援を推進してきました。この間、長期化・高齢化したホームレスの増加や特定地域への滞留が見られ、また、これまで減少してきていたホームレス数も増加へと転じています。区では、このような状況に対応するため、平成29年度から都区共同事業でのモデル事業を実施し、取り組みを進めています。
 一方で、この計画の根拠法令となる「ホームレスの自立支援等に関する特別措置法」について、平成29年8月に失効日を迎える予定でしたが、都と特別区は未だホームレス問題の解消には至っていないとし延長を求めた結果、10年間の延長が決定しました。
 今後もホームレスに関する施策を計画的に進めるため、この計画の見直しを行い、上記の都区共同事業を計画に位置付けるとともに、計画期間を2年間延長します。

(1)都区共同路上生活者対策モデル事業の位置付け
  この計画における「ホームレス問題の解決に向けたこれからの取り組み」に、「都区共同路上生活者対策モデル事業」を位置付けます。
 【事業内容】
〔タイプ1〕にふさわしい事業です。路上生活が長期化・高齢化した人を対象に、路上生活からの脱却及び地域生活の安定に向けた支援(特別班による巡回相談の強化、自立支援住宅(支援付き)での居住支援、地域生活移行後の訪問相談など)を一貫して行います。平成29~30年度は新宿区を含む一部地域で実施します。
※〔タイプ1〕:概ね50歳以上で、ホームレス生活が長期化した層
(2)期間の延長
   現行の「平成29年度まで」を「平成31年度末まで」とします。
 ※次期計画は、国が策定する「ホームレスの自立の支援等に関する基本方針」(平成30年度告示見込み)及び東京都が策定する「ホームレスの自立支援等に関する東京都実施計画」(平成30年度改定見込み)を踏まえ、平成31年度中に策定する予定です。

新宿区 第3期 ホームレスの自立支援等に関する推進計画

これまでの取組により新宿区のホームレス数は減少しましたが、ホームレスの質的な変化に対応した支援を進めるため、「新宿区第3期ホームレスの自立支援等に関する推進計画(平成27年度~平成29年度)」を平成28年1月に策定しました。

 平成27年4月の生活困窮者自立支援法施行に伴い、国は、平成27年3月に「ホームレスの自立の支援等に関する基本方針」を改正し、東京都は、平成27年9月に「ホームレスの自立支援等に関する東京都実施計画(第3次)」を改定しました。本計画では、限られた資源の有効活用、ホームレスそれぞれの態様・段階のニーズの違いに応じた総合的な施策の展開を図るために、概ね三つのタイプ別にホームレスの人々のニーズを把握し、それぞれのタイプ・段階にふさわしい支援の方向性を示すとともに、「固定・定着化が進む高齢層に対する支援」、「若年化しつつある層に対する支援」、「再路上化への対応」の三つのポイントを中心に改定しています。

  「第3期 推進計画」の策定に当たっては、「第2期 推進計画」と同様に、区民・学識経験者・福祉関係者で構成する「推進計画策定委員会」での検討を基に、パブリック・コメント制度(意見公募)でお寄せいただいたご意見を参考にしました。

新宿区 第2期 ホームレスの自立支援等に関する推進計画(平成22年度~※25年度)

 新宿区では、平成18年2月に策定した「ホームレスの自立支援等に関する推進計画」の改定に当たり、社会情勢の変化のなか、新たに「職と住まいを失いホームレス生活を余儀なくされるおそれのある人」を対象に加えて、ホームレスそれぞれの態様、自立への段階に応じた実効性の高い取り組みを実現するため、「新宿区 第2期 ホームレスの自立支援等に関する推進計画 ―それぞれのタイプ・段階に応じた支援をめざして―」を平成22年2月に策定しました。
 「第2期 推進計画」の策定に当たっては、区民・学識経験者・福祉関係者で構成する「推進計画策定委員会」での検討を基に、パブリック・コメント制度(意見公募)でお寄せいただいたご意見を参考にしました。

※ 「第3期 推進計画」が施行されるまで、「第2期 推進計画」の計画期間を延長しました。

「新宿区第2期ホームレスの自立支援等に関する推進計画」(素案)に対するパブリック・コメントの実施結果

パブリック・コメント制度(意見公募)により、皆さんからご意見をいただきました。

「新宿区第2期ホームレスの自立支援等に関する推進計画」策定委員会

新宿区ホームレスの自立支援等に関する推進計画(平成18年度~21年度)

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 福祉部-生活福祉課・保護担当課
生活支援係
電話:03-5273-4570

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。