新宿区食品ロス削減協力店登録制度

最終更新日:2019年5月31日

新宿区食品ロス削減協力店登録制度画像1食品ロス削減協力店ステッカー
 本来食べられるものにもかかわらず廃棄されている食品(食品ロス)を削減する取組に賛同し、協力を得られる事業者を「食品ロス削減協力店」として登録し、その取組を広く周知することで、区民及びほかの事業者の意識啓発を図り、食品ロスの減量を推進することを目的として、「新宿区食品ロス削減協力店登録制度」を平成30年4月2日(月)から実施しています。

登録できる事業者

新宿区内の飲食店・ホテル等宿泊業・食品販売店

登録の要件

(1)料理の量の調節を希望する客への積極的な対応
   ○ハーフサイズや小盛のメニューの導入
   ○ごはんや麺の量の調整

(2)ばら売りや量り売り等による食料品販売
   ○ばら売り・量り売りによる適量販売
   ○少量パックによる販売

(3)閉店時間間際等の値引販売
   ○賞味・消費期限間近な食料品の割引販売
   ○閉店時間間際の割引販売

(4)持ち帰り希望者への積極的な対応
   ○持ち帰り希望者への対応(十分に加熱処理を行い、常温で保存が可能な食品
   であって、店舗が持ち帰り可能と判断した場合に限る。なお、持ち帰りについて
   は、希望者の自己責任とする。)

(5)食品廃棄物の、食品リサイクル施設でのリサイクル処分の実施
   ○食べ残しや調理残さを廃棄せず動物飼料や肥料へのリサイクル

(6)売れ残り・規格外商品等の有効活用
   ○過剰在庫・規格外商品等のフードバンク等への寄附
   ○フードシェアリング

(7)食品ロス削減の啓発
   ○ポスターや卓上ポップ等でのPR
   ○店舗ホームページ等での啓発

(8)その他食品ロスを削減するための取組

   ○食べきりした際に利用者への割引券等の発行
   ○3分の1ルールの緩和
   ○その他店舗独自の取組

 

協力店に登録すると

協力店に登録すると画像食品ロス削減協力店ポスター
[1]協力店ステッカー及びポスターを配布
[2]新宿区公式ホームページに店舗の紹介を常時掲載

※登録申請は月末に集計し翌月初旬にステッカー等を送付します。

協力店登録のメリット

[1]利用者に、ステッカー及びポスターで呼びかけることで、食べ残しをしないよう周知することができる
[2]食べ残しが減ることでごみが減り、処理にかかる費用が削減できる
[3]環境に配慮された店舗として認知

新宿区食品ロス削減協力店一覧

申込方法

登録申請書に記入し、郵送、FAX、E-mailまたは持参のいずれかで下記申込先まで送付

〇申込先
 新宿区ごみ減量リサイクル課ごみ減量計画係
 電話:03-5273-3318
 FAX:03-5273-4070
 E-mail:recycle@city.shinjuku.lg.jp

申請書等

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。