大学との連携による商店街支援

最終更新日:2018年3月30日

 平成29年度より、区では、大学等が持つ専門性や人的資源を活かしながら、商店街の抱える潜在的な課題の解決に向けた取組を支援し、大学等と地域(商店街)の連携・交流を進めることにより、商店街の魅力づくりを推進しています。
 本事業の活動報告として、年度末に合同報告会を開催しました。

平成29年度合同報告会

開催日時:平成30年3月26日(月)15時~
開催場所:区立産業会館 3階研修室A
報告大学:平成29年度に事業を実施した4大学(工学院大学、東京理科大学、東京富士大学、早稲田大学)
※各大学の発表内容の詳細については、下記をご覧ください。
  • 「Cyber十二社事業」(工学院大学)
    商店会地域の観光価値がある路地、各店舗内の三次元映像を撮影し、Google Map等にアップロード。また、看板やメニューを中心としたARコンテンツの試作を行い、十二社地区へのアクセス、町中情報の翻訳、メニュー等の店内情報の理解、街の歴史背景の理解に関する検証を行いました。(連携商店会:十二社商店親睦会)
  • 工学院大学資料 [PDF形式:1.3MB] (新規ウィンドウ表示)
  • 「江戸の町、大人の街で学ぶ日本の伝統~牛込神楽坂の魅力発信事業~」(東京理科大学)
    地域ブランド構築に向け、地元への愛着と誇りを醸成するため、商店会員向けに地元の歴史・文化に関する勉強会を実施しました。(連携商店会:牛込中央通り商店会)
  • 東京理科大学資料 [PDF形式:1.3MB] (新規ウィンドウ表示)
  • 「ウォークラリーアプリによるMyShop発見ツアー事業」(早稲田大学)
    アプリを活用し、職員・学生への商店会への誘導を行いました。誘導にあたり、店舗訪問でポイントを付与し、一定ポイント蓄積後、商店会共通金券に交換できるようにしました。(連携商店会:明和会・戸山ハイツ西通り商店会)
  • 早稲田大学資料 [PDF形式:2.7MB] (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 文化観光産業部-産業振興課
電話:03-3344-0701 FAX:03-3344-0221