保険料の計算方法について

最終更新日:2020年4月1日

保険料率等について

保険料には、基礎賦課額(医療分)と後期高齢者支援金等賦課額(支援金分)と介護納付金賦課額(介護分)があり、 それぞれに均等割額と所得割額があります。これら全てをあわせて国民健康保険料とします。

【令和2年度の保険料率等】

年間保険料は、(1)と(2)と(3)の合計です。
  (1)医療分 (2)支援金分 (3)介護分
均等割額 39,900円
×世帯の加入者数
12,900円
×世帯の加入者数
15,600円
×世帯の加入者のうち40~64歳の加入者数
所得割額 世帯の加入者全員の算定基礎額×7.14% 世帯の加入者全員の算定基礎額×2.29 世帯の加入者のうち40~64歳の算定基礎額×1.96%
賦課限度額 63万円 19万円 17万円

※算定基礎額とは、令和元年中の総所得金額等から基礎控除額33万円を差し引いた金額です。

【令和元年度及び平成30年度の保険料率等】

  令和元年度 平成30年度
  (1)医療分 (2)支援金分 (3)介護分 (1)医療分 (2)支援金分 (3)介護分
均等割額 39,900円 12,300円 15,600円 39,000円 12,000円 15,600円
所得割額 7.25% 2.24% 1.66% 7.32% 2.22% 1.65%
賦課限度額 61万円 19万円 16万円 58万円 19万円 16万円
※(3)介護分保険料は、40歳から64歳までの方が対象です。

所得割額の算定方法について

保険料の試算

下部のエクセルシートで年間保険料を試算できます(ただし、減額措置等は考慮していません)。
具体的な保険料の計算例は、『保険料の計算例』を参照ください。 ※パソコン等の環境によっては、エクセルシートをご利用いただけない場合があります。 ご利用いただけない場合は、担当係までお問い合わせください。総所得金額等お聞き取りの上、年間保険料を試算します。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-医療保険年金課
国保資格係 【区役所本庁舎4階8番窓口】
電話:5273-4146(直通)

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。