4コマ漫画「コボちゃん」ブロンズ像が神楽坂に登場

最終更新日:2015年8月16日

4コマ漫画「コボちゃん」ブロンズ像が神楽坂に登場小写真1
4コマ漫画「コボちゃん」ブロンズ像が神楽坂に登場小写真2
4コマ漫画「コボちゃん」ブロンズ像が神楽坂に登場小写真3
今日16日、4コマ漫画「コボちゃん」のブロンズ像除幕式が、神楽坂6丁目の早稲田通り沿いで行われた。

「コボちゃん」は、漫画家・植田まさしさんが描く、刈り上げ頭がトレードマークの少年・コボちゃんを主人公とする4コマ漫画。1982年(昭和57年)から30年以上にわたり連載され、今日16日の朝刊で1万1,840回を数えるほか、1990年代にはアニメ化されるなど、長く幅広く愛されている。

作者の植田さんは、神楽坂地域に35年以上居住しており、「コボちゃん」も連載初回の原稿が神楽坂で書き上げられた「神楽坂生まれ」。これらの縁から、東京メトロ・神楽坂駅出口に設置された商店街の案内板にコボちゃん一家が登場するなど、これまでも「地元」商店街のキャラクターとして活躍してきた。
今回設置されたのは、台座約20センチ、像本体が約80センチのブロンズ像1基。神楽坂商店街振興組合が東京都や区の補助を受け、彫刻家・山田朝彦さんが制作した。

除幕式には、植田さんや山田さん、吉住健一区長などが出席。合図とともにブロンズ像が姿を現すと、神楽坂通りを訪れた多くの買い物客などから大きな拍手が起こった。

植田さんは、「由緒ある神楽坂に、自分の描いたキャラクターの像ができるなんて夢のようです。」とあいさつ。吉住区長は、「神楽坂生まれのコボちゃんが、まちの新たなシンボルとして末永く愛されるよう願っています。」と、さらなるまちの活性化に向け期待を述べた。

本ページに関するお問い合わせ

神楽坂商店街振興組合事務局 電話03-6804-7955

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。