子育て支援者養成講座(応用編)を開催

最終更新日:2008年11月16日

写真:輪になって話す参加者
写真:スクリーンを使って説明する西川さん
写真:参加者
 今日16日(日)、子育て支援施設ゆったりーの(北山伏町2-17)で、子育て支援者養成講座・応用編「子育て支援者のためのスキルアップ講座~私の課題、みんなの課題~」が開催された。主催は、区民の方と区との協働モデル事業として、地域の子育て当事者が主体となり運営する「ゆったりーの」。

 昨年から区との協働事業として開催し、今年も5月~7月に基礎編として10回の講座を設けた。今回の応用編も1日半の連続講座。子育て支援に携わっている方が、日ごろ感じていることや課題などを、一緒に考える参加型の講座で、30日(日)にも意見交換が行われる。

 今日の講座には13名が参加。参加者は、不登校の子どもを支援する方や自宅を子育てサロンとして開放している方などさまざま。自己紹介で「今回の講座の中で学びたいこと」や「自身の持っている課題」を投げかけ、講座はスタートした。
 午前中、西川正さん(NPOハンズオン埼玉)による講座「みんなの場を作る支援」では、埼玉県と協働で実施する父親の子育てを応援する活動を紹介。「お互いの人柄の見えるつながりや場を作ることが子どもにとっても有益なこと」や「だれもが参加しやすい場を作るには企画する側がさまざまな人を受け入れる余裕を持つことが大切」などと話した。
 午後のワークショップでは、嵯峨創平さん(環境文化のための対話研究所)の進行で、午前中の講座の内容を基にそれぞれの課題を出し合い、意見を交換した。

 ゆったりーの運営委員会代表の小原聖子さんは「一人ではできないと思っていることに挑戦するためには、つながりを持つことが大切。今回の講座の中で、実際に子育て支援に携わっている方同士が課題を共有し、支援者のネットワークを広げる手助けになれば」と話してくれた。

本ページに関するお問い合わせ

ゆったりーの 03(5228)4377