新宿区ホーム  >  くらし・手続き  >  生活  >  公園  >  公園の紹介  >  四谷・信濃町周辺  >  みなみもと町公園

くらし・手続き

[2012年10月29日]

みなみもと町公園

みなみもと町公園入口と噴水写真
 みなみもと町公園は、幅広い年齢層の方々が利用できる公園です。
 森の広場には、霧状に水が出る石柱、複合遊具健康遊具があり、体操やジョギング等の運動ができる多目的広場、小さな子どもが楽しめるちびっこ広場があります。また、武蔵野の森を思わせる森の広場は、迎賓館とともに周辺の緑豊かな景観をつくりだしています。

施設内容

森の広場

霧状に水が出る石柱を中心に水が流れます。
夏季には多くの親子で賑わいます。

 霧の発生期間
 時期:4月下旬~10月下旬
 時間:10時、11時、14時、15時から各5分間
 補給水:水道水(塩素滅菌)
様々な遊びができる複合遊具です。
森の広場は全体的に高低差があり、樹木や花等の植物も多いことから、遊びをとおして、自然環境にふれあうことができます。
森の広場を中心に、定期的にプレイパークが開催されています。
また、近くには、健康遊具もあります。

多目的広場

多目的広場写真
体操やジョギング等の運動ができる広場です。
バスケットボールのゴールもあります。

利用方法については、公園内の利用案内をご覧いただくか、または新宿区みどり公園課東部公園事務所(TEL5361-2451)へお問い合わせください。

ちびっこ広場

ちびっこ広場写真
ブランコやすべり台、砂場などがあり、小さな子どもも楽しめます。
(プレイパーク活動については、こちらのページをご覧ください。)

公園の概要

[所在地]
南元町20番地(地図)

[アクセス]
JR・東京メトロ四ツ谷駅:徒歩5分
JR信濃町駅       :徒歩7分

[開園年月日・改修年月日]
開園年月日 昭和42年4月1日
改修年月日 平成8年3月30日

[公園の変遷] 
明治時代、公園の敷地を含む地域は御料地となり、その後、学習院用地、明治神宮造幣局の草木育成用地などに使用されました。昭和22年、正式に学習院所有地となりましたが、いくつかの変遷を経て、都市計画公園区域の指定をして東京都が買収、昭和39年に都立明治公園の一部として開園し、東京オリンピック時には、駐車場として利用されました。 昭和42年に都立明治公園から分離し、東京都から新宿区に移管された後、平成8年に全面改修され、現在に至っています。

[面積]
9,297.72m2

[備考]
喫煙  :〇(喫煙場所のみ)
トイレ :〇(男女別、だれでもトイレ)
駐車場:☓
駐輪場:〇
公園案内図
みなさまにとって分かりやすいホームページ作りのため、よろしければ以下のアンケートにご協力ください。
なお、この欄からのご意見・お問い合わせには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問い合わせは「ご意見・お問合せ」ページよりお願いします。

■あなたは新宿区民ですか?

■お探しのページは見つかりましたか?

■このページの情報は役にたちましたか?

■このホームページの改善についてご意見・ご要望がありましたらご記入ください。

本ページ掲載内容に関するお問い合わせ先
新宿区 みどり土木部-みどり公園課
TEL 5273-3914
FAX 3209-5595