在宅医療廃棄物の出し方

最終更新日:2016年11月14日

在宅医療に伴い家庭から排出される廃棄物については、集積所に排出された場合の区民や収集職員の事故防止の観点から、次のとおり協力してください。

医療機関等による処理

医師が在宅治療において使用した注射針等鋭利なものは、医師が医療機関に持ち帰り、医療機関からの廃棄物として処理します。

使用済み注射針回収薬局による処理

新宿区薬剤師会では、注射薬を自ら家庭で注射する治療療法の普及に伴い、自己注射に用いられた使用済み注射針の回収を行います。

回収方法

  • 「使用済み注射針回収薬局」において、処方せんに基づき注射針を購入する際に、使用済みの注射針を入れる回収容器をもらいます。
  • 回収容器が使用済み注射針でいっぱいになったら注射針を購入した「使用済み注射針回収薬局」に持ち込みます。

問い合わせ先

新宿区医薬品管理センター
電話:03-3208-1632
ホームページ:http://www.shinyaku.com/

患者等による処理

ごみ・資源の分け方・出し方に従って出してください。ただし、注射針等の鋭利なものは、上記の方法で処理してください。

在宅医療廃棄物の具体例

  • 燃やすごみ・・・ガーゼ、脱脂綿類、試験紙、紙おむつ、薬の外箱、点滴バッグ、注射筒、CAPDバッグ及び付属のチューブ類、薬の梱包材等
  • 金属・陶器・ガラスごみ・・・あきびん

家庭から排出する場合の留意点

  • CAPDバッグ等は、中の残存物を適正に処理して、出してください。
  • 脱脂綿等は、外から見えないように紙等に包んで出してください。
  • 紙おむつは、汚物を取り除いてから出してください。
  • 空き缶やペットボトル等に入れて廃棄しないでください。

医療機関の皆様へ

医療系廃棄物処理申請について

 医療系廃棄物処理申請については、以下のリンクをご参照ください。
 医療廃棄物の処理申請書については、以下のPDFファイルからダウンロードしてください。

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。