赤城周辺地区のまちづくり

最終更新日:2019年1月25日

赤城周辺地区のまちづくり画像1【 区 域 図 】
 本地区は築年数の経過した木造建築物が密集し、消防車の進入が困難な狭隘な道路が多く存在し、防災上の課題を抱えた地区です。
 このような状況を背景に、平成25年1月に区と地元による「赤城周辺地区まちづくりの会」が設置され、地区の防災性向上に向けて、道路状空間の確保や建築物の不燃化促進を図るため、地区計画及び新たな防火規制区域の指定について継続して検討してきました。
 まちづくりの会での検討を踏まえ、平成28年4月22日付で赤城周辺地区地区計画を都市計画決定しました。また、東京都により新たな防火規制区域に指定され、同年6月20日から施行されました。
 その後、地区全体で災害に強く、将来にわたり安心して住み続けられるまちとするため、平成30年12月21日付で、地区整備計画区域を拡大する地区計画の変更を都市計画決定しました。
(地区計画の区域は、区域図のとおり)
 

赤城周辺地区地区計画等

 地区計画に関することや新たな防火規制区域指定については、下記をクリックするとご覧になれます。

赤城周辺地区地区計画等については、 こちら

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 都市計画部-景観・まちづくり課
電話 03-5273-3843(地区計画担当)

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。