新宿区オープンデータポータル

最終更新日:2017年8月21日

新宿区オープンデータの取り組みについて

 「オープンデータ」とは、行政機関等が保有する公共データを誰もが二次利用しやすい形で公開されたデータのことをいいます。オープンデータを有効活用することにより、行政の透明性・信頼性の向上、国民参加と協働の推進、地域経済の活性化、行政における業務の高度化・効率化につながることが期待されており、国や多くの自治体において取り組みが活性化しています。
 新宿区では、オープンデータの推進について、以下のとおり指針を定め、取り組みを進めていきます。

新宿区オープンデータの推進に関する指針(2016年7月13日策定)(PDF:152KB)

新宿区オープンデータ利用規約

 「新宿区オープンデータ」の利用に際しての規約を掲載しています。
 オープンデータのご利用の際には、本規約に従っていただくようお願いします。
 また、データのご利用をもって本規約の内容を承諾したものとみなします。
 本規約の内容は、必要に応じて予告なしに変更することがありますので、オープンデータのご利用に際しては、必ず本ページで利用規約の最新の内容を確認してください。

  新宿区オープンデータ利用規約(PDF:91KB)

ライセンスの取り扱い

 本ページで公開されているデータは、 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス(外部サイトのリンク)の下に提供されています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

 
 画像をクリックするとライセンスの説明ページに移動します。
  • 本ページに記載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータをもとに、二次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータをもとに作成したものに、新宿区のデータを利用していることを表示してください。
 当ライセンスは、上記対象データのみに適用されますので、それ以外のデータについては、新宿区ホームページにおける著作権の取り扱いに準じてください。

オープンデータ関連リンク

オープンデータ活用支援プラットフォーム

   【参考】
   開発者向けサイト(別ウインドウ)-SPRQLを使ってRDFデータの読み出しを行うことができます。

アプリケーション

以下アプリケーションは株式会社jig.jpが福井県鯖江市向けに開発したアプリですが、新宿区のデータでも利用可能です。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 総合政策部-情報システム課
  ※アプリ等を作成された方へ
    新宿区のオープンデータ等を活用し、アプリ等を作成された場合は、こちらまでお知らせください。

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。