【募集は終了しました】尾崎紅葉没後120年・泉鏡花生誕150年記念イベント「紅葉と鏡花」
-牛込神楽坂に花ひらいた文学世界

最終更新日:2023年11月22日

【募集は終了しました】尾崎紅葉没後120年・泉鏡花生誕150年記念イベント「紅葉と鏡花」画像1
※募集は終了しました。

 新宿区は、夏目漱石や小泉八雲をはじめ、多くの文学者が暮らしたまちです。牛込の横寺町に暮らした尾崎紅葉もそのひとりで、この地で『金色夜叉』の執筆半ばで亡くなりました。紅葉に師事した泉鏡花は、南榎町や神楽坂で暮らし『高野聖』『婦系図』などを著しました。
 2023年は紅葉の没後120年、鏡花の生誕150年にあたります。講演や朗読によりふたりの文豪の人物や作品をご紹介します。



チラシはこちらからダウンロードできます。
 

開催予定

日程 令和5年12月3日(日)14時開演(16:30終演予定)
会場 四谷区民ホール (新宿区内藤町87番地 新宿区立四谷区民センター9階)
費用 無料
申し込み方法 ※募集は終了しました※
催し物名(「紅葉と鏡花」)、郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、電話番号、希望人数(応募者含め最大2名まで)を記入し、郵便はがきまたはFAXで下記までお送りください。11月8日(水)まで受け付けます(必着)。定員300名程度、応募多数の場合抽選。結果は11月15日(水)以降に応募者全員にお知らせします。
ブログラム・出演等
【第1部】講演
◆「文学の街・新宿から拡がる魅惑の明治文壇~尾崎紅葉の作品世界から」
講師:堀 啓子 氏(東海大学文化社会学部教授)

◆「泉鏡花『高野聖』の世界」
講師:安藤 宏 氏(東京大学大学院人文社会系研究科教授)

 
【第2部】朗読
◆尾崎紅葉『金色夜叉』、泉鏡花『高野聖』(予定。ともに抜粋)
朗読:寺田 農 氏(俳優)

 
申込み・問合せ先 新宿区 文化観光産業部 文化観光課 文化資源係
〒160-8484 新宿区歌舞伎町1-5-1 第一分庁舎6階
電話 03(5273)4126  FAX 03(3209)1500
お申込みに際して ●はがきは往復はがきでなくて結構です。
●定員300名程度。応募多数の場合は抽選し、11月15日以降に応募者全員にお知らせします。なお、受付の順番は抽選に関係ありません。
●小学生までは保護者同伴でお願いします(2名希望と記入)。
●障害のある方で配慮が必要な場合は、その旨ご記入ください。なお、内容によって対応できない場合もございますのでご了承ください。
●個人情報は、個人情報保護に関する法律に基づき適正に取り扱います。
●開催当日の様子を映像に収録し、後日区公式YouTubeチャンネルにて無料配信予定です。詳しくは区報「広報新宿」、HP等でお知らせします。