夏目漱石記念施設整備基金
-ともに創ろう、(仮称)「漱石山房」記念館

最終更新日:2016年3月1日

夏目漱石記念施設整備基金画像1
新宿区は、夏目漱石が生まれ育ち、その生涯を閉じたまちです。
区では、漱石生誕150周年にあたる平成29年(2017)9月の開館をめざして(仮称)「漱石山房」記念館の整備を進めています。この取組みに全国の皆さまのお力添えをいただきたいと考え、「夏目漱石記念施設整備基金」を設置しました。文豪・夏目漱石にとって初の本格的記念館の整備に向けて、皆さまの温かいご支援をお願い申し上げます。

夏目漱石記念施設整備基金パンフレットはこちら

夏目漱石記念施設整備基金にご協力を

区では、(仮称)「漱石山房」記念館の整備にあたり、全国の漱石を愛する皆さまや漱石を研究している皆さま、文化芸術の振興に理解の深い企業・団体の皆さまにご参画いただき、この事業を進めていきたいと考え、「夏目漱石記念施設整備基金」を設置し、平成25年7月1日から寄付の募集を開始しました。
お寄せいただいたご寄付は、記念館の建設と資料収集に活用いたします。
寄付の目標額は2億円です。

※現在の寄付の状況についてはこちらから(別ウィンドウで開きます)

寄付の特典

寄附金 特典内容
10万円以上 ・寄附者名(個人・法人等)を銘鈑に掲載(記念館内に設置)(任意)
・基本特典
1,000円以上 【基本特典】
・紙しおり3点セット
・寄附者名(個人・法人等)を区公式ホームページ等に掲載(任意)
・夏目漱石記念施設整備プロジェクト(イベント)等の優先的ご案内(任意)
紙しおり3点紙しおり3点セット

寄付の方法

次の方法で寄付ができます。

1 ゆうちょ銀行・郵便局での寄付

 [1]新宿区文化観光課(本庁舎1階)・特別出張所・区立図書館等で配布しているパンフレットにはさみ込んである払込取扱票を利用(手数料はかかりません)
※パンフレットの郵送をご希望の方は文化観光課にお電話ください。または、下記より送付依頼書をダウンロードし、文化観光課に郵便又はFAXでお送り下さい。折り返し、パンフレットと振替払込書を送付します。
  □パンフレット送付依頼書
 
 [2]ゆうちょ銀行・郵便局に設置している払込取扱票を利用する場合(手数料は寄付者負担)  
  
1 ゆうちょ銀行・郵便局での寄付画像

2 郵便局以外の金融機関での寄付

2 郵便局以外の金融機関での寄付画像
[3]郵便局以外の金融機関のATM(現金自動預払機)を利用する場合(手数料は寄付者負担)

※[2][3]を利用する方には、「寄付申出書」をお送りしますので、文化観光課にお電話ください。
 または、下記より寄付申出書をダウンロードし、文化観光課に郵便又はFAXでお送りください。
寄付申出書

3 上記以外の方法での寄付

・区が発行する納付書で払込む(手数料はかかりません)
・区の窓口(手数料はかかりません)
・現金書留(手数料は寄付者負担)
※ご希望の方は、文化観光課にお電話ください。寄付の方法をご案内の上、寄付申出書等の書類をお送りします。

 区への入金後、2~3週間で、寄付申出書のお名前・ご住所あてに寄付金受領証明書をお送りします。

税制上の優遇措置

夏目漱石記念施設整備基金にご寄付いただくと、所得税、住民税の寄付金控除の対象となります。
控除を受けるには、税務署等に原則確定申告が必要です。
寄付した際の領収書は、控除を受けるための申告に必要になりますので、大切に保管しておいてください。
詳しくは、税務課(課税第一係:電話03-5273-4107、課税第二係:電話03-5273-4108)にお問い合わせください。 
 

ワンストップ特例制度による寄付金控除について

 夏目漱石記念施設整備基金にご寄付していただいた方で給与所得者などの一定の要件に該当する方については、申請手続を行うことにより、確定申告の手続を要さずに、寄付金控除が受けられます。
 ワンストップ特例制度の適用を希望する場合は、寄付とともに申請を行う必要があります。
 詳しくは、文化観光課にお電話(03-5273-4126)ください。

ご寄付に伴う個人情報の取扱い

 ご寄付により取得した個人情報につきましては、個人情報保護法等を遵守し、区から寄付金受領証明書をお送りする際や記念館の整備状況や関連イベント等のご案内を送付する際にのみ利用いたします。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 文化観光産業部-文化観光課
TEL 03(5273)4126  FAX 03(3209)1500
〒160-8484 東京都新宿区歌舞伎町1-4-1