軽自動車税(環境性能割)

最終更新日:2021年4月1日

 軽自動車税(環境性能割)は自動車取得税(都税)が令和元年10月1日に廃止され、新たに導入されました。自動車及び軽自動車に対して適用され、新車・中古車を問わず取得された車両(取得価格が50万円を超えるもの)に対して課税されます。当分の間、都が区に代行して賦課徴収を行います。

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。