療養費の支給

最終更新日:2021年9月3日

 下記のような場合において、医療費の全額を支払ったときは、申請により広域連合の審査結果等に基づき、支払った費用の一部の払い戻しが受けられます。
 申請される際は、下記の必要書類と被保険者本人の後期高齢者医療被保険者証本人確認書類※1、マイナンバーを確認できる書類※2、振込銀行口座のわかるものをお持ちください。
 また、郵送申請を希望の場合は、下記電話番号へご連絡ください。必要な申請書をお送りします。
 申請期間は、医療費を支払った翌日から数えて2年間です。

※1 以下の[1]または[2]の書類を本人確認書類とみなします
       [1]顔写真付きの身分証明書1点
        (例)・マイナンバーカード(個人番号カード)
                ・運転免許証
                ・パスポート
                ・身体障害者手帳
                ・住基カード
        [2]その他の証明書2点
        (例)・公的保険の被保険者証
                ・官公庁等の発行した「氏名および生年月日」または「氏名および住所」が印字されている書類(後期高齢者医療の納入通知書等)

※2 以下の書類をマイナンバーの確認書類とします(被保険者本人が亡くなられた場合は不要です)
        ・マイナンバーカード(個人番号カード)
        ・通知カード
        ・マイナンバーが記載された住民票の写し

 なお、代理の方が申請される場合は、代理の方の本人確認書類(代理の方の銀行口座へ振り込み希望の場合は別途委任状)が必要となります。

医師が治療上必要と認め、コルセットなどの補装具を作ったとき

必要書類
1.補装具を必要とする医師の意見書(診断書)または証明書(次の事項が記載されているもの)
 (1)患者の氏名、生年月日及び傷病名
 (2)保険医療機関の名称及び所在地並びに診察した保険医の氏名
 (3)保険医が疾病又は負傷の治療上、治療用装具が必要であると認めた年月日
 (4)保険医が義肢装具士に製作等を指示した治療用装具の名称
 (5)保険医が治療用装具の装着(適合)を確認した年月日

2.領収書(次の事項が記載されているもの)
 (1)料金明細(内訳別に名称、採型区分・種類等、価格を記載)
 (2)オーダメイド又は既製品の別(既製品の場合、製品名を含む。)
 (3)治療用装具を取り扱った義肢装具士の氏名(氏のみでも可)

3.靴型装具については、当該装具の写真(次の内容を満たすもの)
 (1)治療用装具の全体像が確認できる写真であること。
 (2)付属部品等も含めて購入したすべての治療用装具が撮影されていること。
 (3)中敷き等(靴に挿入するタイプの装具)がある場合には、靴から取り出した状態で撮影されていること。
 (4)ロゴやタグ(サイズ表記)が撮影されていること。(ロゴやタグが無い場合には不要。)

※療養費の支給基準に関する詳細については、以下にお問い合わせください。
  東京都後期高齢者医療広域連合
  保険部 保険課 給付係
  電話:03-3222-4515

その他の療養費について

・緊急、やむを得ない理由で保険証を提示できず、医療費の全額を医療機関へ支払ったとき
・海外渡航中に急病などで治療を受けたとき(治療目的の渡航の場合は除く)
など、補装具以外の療養費申請につきましては、こちらの東京都後期高齢者医療広域連合(療養費について)のホームページをご確認ください。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-高齢者医療担当課
高齢者医療係
区役所4階10番窓口
電話:03-5273-4562 (直通)
FAX:03-3203-6083

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。