小児慢性特定疾病医療費助成制度

最終更新日:2017年4月1日

 この制度は、小児慢性特定疾病にかかっている児童等について、健全育成の観点から、患児家庭の医療費の負担軽減を図るため、その医療費の自己負担分の一部を助成する制度です。
 制度の詳細は東京都福祉保健局のホームページをご確認ください。

 日常生活用具給付などについては、難病対策のページをご覧ください。

対象者・対象疾病

対象者

 下記、2点の条件を全て満たす方が対象となります。
 ●申請者が都内に在住(住民登録や外国人登録がされていること。)している満18歳未満の方。
  (ただし、18歳に達した時点で小児慢性特定疾病医療受給者証を有し、かつ引き続き有効な医療受給者証を有する方に限り満20歳未満まで延長可能)
  ※18歳以上の都外から転入者の場合、他自治体の医療受給者証を有し、その有効期間内の転入のみ申請可能となりますので、速やかにご申請ください。
 ●小児慢性特定疾病医療支援事業の対象疾病にかかっており、各疾病の認定基準に該当する方。

対象疾病

 対象となる病名および疾病等の範囲については、小児慢性特定疾病情報センターのホームページまたは下部の対象疾病一覧をご確認ください。(14疾患群・722疾病)

助成内容・助成期間・自己負担上限額・申請書類等

詳細は、東京都福祉保健局のホームページをごらんください。

申請場所

 申請手続きは、お住まいの地域の保健センターです。詳細は地域の保健センターまでお問合せください。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-保健予防課
保健相談係
電話:03-5273-3862  FAX:03-5273-3820

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。