「新宿区における障害者就労施設等からの物品等の調達方針」を策定しました。

最終更新日:2018年7月30日

 「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(障害者優先調達推進法)」が、平成25年4月1日より施行されました。 この法律では、障害者就労施設で就労する障害者や在宅で就業する障害者の経済面の自立を進めるため、国や地方公共団体などの公機関が、物品やサービスを調達する際、障害者就労施設等から優先的・積極的に購入することを推進することを定めています。
 区でも、「新宿区における障害者就労施設等からの物品等の調達方針」を策定し、毎年度物品等の調達に係る目標を定めるとともに、実績を公表します。
 平成29年度は、平成28年度の競争入札による調達実績額を除いた「前年度の随意契約による物品等の調達実績額の77,933,476円を上回ること」を目標として取り組んだ結果、実績額は67,901,214円と、目標値を下回り、目標を達成できませんでした。
 平成30年度は、競争入札による調達実績を除いた随意契約による物品等の調達実績額が、前年度の随意契約による実績額である67,901,214円を上回ること」を目標としています。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 福祉部-障害者福祉課
福祉推進係
電話 03(5273)4516
FAX 03(3209)3441

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。