ふれあい入浴

最終更新日:2017年11月1日

広々とした公衆浴場での入浴により、健康増進と世代を超えた交流・ふれあいを図ることを目的に「ふれあい入浴証」による入浴事業を実施しています。

対象となる方

区内にお住まいで次に該当する方
  • 60歳以上の方
  • 身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方
  • 未就学児を扶養し児童育成手当を受給している方

利用期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

利用回数

月4回

利用場所

新宿区内の公衆浴場

利用時間

各公衆浴場の営業時間内


☆ 26年度以降ふれあい入浴証を申請した方
 地域包括ケア推進課で資格要件を確認して、29年度入浴証を29年3月下旬頃に郵送しています。
4月以降になっても、入浴証が届かない場合は、高齢いきがい係までお問合せください。


☆ 初めてふれあい入浴証を申請する方、または再交付申請する方
 住所・氏名等が分かるもの(健康保険証等・障害者手帳・児童育成手当認定兼支払通知書のいすれか)
をお持ちのうえ、地域包括ケア推進課または各特別出張所の窓口で申請してください。
 なお、再交付申請される方は以下の点にご注意ください。
  〇紛失による再交付申請される方は1度のみできます。(交付には再申請後、1週間程度かかります。)
  〇汚損による再交付申請は「汚損した入浴証」とお取替えになりますので、必ずご持参ください。


☆ 不要になったふれあい入浴証について
 1 区外転出等、利用の対象でなくなった場合は返還してください。
 2 今後、ふれあい入浴証の利用予定がない場合は返還してください。
 3 期限の切れている入浴証はご自分で破棄してください。
  ※1及び2の場合、地域包括ケア推進課または各特別出張所の窓口までお申し出ください。

ふれあい入浴証管理システムの開発に係る事業者を公募型プロポーザル方式で選定します

新宿区では、区内在住の60歳以上の方、身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方、児童育成手当を受給し、未就学児を扶養している方を対象に、広々とした公衆浴場での入浴機会を提供することにより、健康増進と交流・ふれあいを図ることを目的として区内公衆浴場及び渋谷区羽衣湯を月4回まで無料で利用できる「ふれあい入浴証」を配布しています。
 この度、ふれあい入浴証管理システムの開発に係る事業者を公募型プロポーザル方式で選定いたします。
参加を希望される事業者は、添付の募集要項をお読みの上、必要書類を作成していただき、提出期限までにお申し込みください。

プロポーザル概要

1 件名  
ふれあい入浴証管理システムの開発に係る事業者の選定
2 選定方法
  公募型プロポーザル方式
3 募集要項
  添付の募集要項のとおり
4 参加手続
  添付の参加申請書兼誓約書を提出期限までに提出してください。
※ 事前に電話にて来庁日時を指定の上、直接持参してください(郵送は不可とします)
5 提出期限
  平成29年11月16日(木)正午まで
6 提出先
  新宿区役所本庁舎2階 8番窓口
  福祉部地域包括ケア推進課高齢いきがい係
  (住所:東京都新宿区歌舞伎町1-4-1 電話:03-5273-4567)

関連書類

ふれあい入浴証管理システムの開発に係るプロポーザル参加事業者募集要項(PDF)

ふれあい入浴証管理システムの開発に係る事業者の選定参加申請書兼誓約書(PDF)

ふれあい入浴証管理システムの開発に係る事業者の選定参加辞退書(PDF)

ふれあい入浴証管理システムの開発に係る企画提案募集に関する質疑様式(PDF)




本ページに関するお問い合わせ

新宿区 福祉部-地域包括ケア推進課
高齢いきがい係
電話:03-5273-4567 FAX:03-6205-5083

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。