死亡届

最終更新日:2019年6月24日

 ご親族等が亡くなったときに届出るものです。届出をすると死体火葬許可証を発行します。日本人が国外で死亡した場合も、届け出る必要があります。

届出期間

死亡の事実を知ったときから7日以内(国外で死亡したときは3ヶ月以内)

届出地(以下のいずれかの市区町村の役所で届出できます)

  • 死亡した人の本籍地
  • 届出人(死亡届に署名押印する人)の所在地(住民登録地)
  • 死亡地

※新宿区に届出するときの、受付窓口と時間はこちらを参照ください

届出人(届書に署名押印する人)

  • 届出義務者…同居の親族、その他の同居者、死亡した場所の管理人(家主・地主・家屋管理人・土地管理人)
  • 届出できる人(届出資格者)…同居していない親族、後見人、保佐人、補助人、任意後見人

届出に必要なもの

  • 届書(右側に医師が作成した死亡診断書もしくは死体検案書の原本)
  • 印鑑(朱肉を使うタイプのもの)
  • 登記事項証明書(後見人、保佐人、補助人、任意後見人が届出人の場合必要です。なお届出人ご本人が来庁していない場合は、原本還付はできませんのでご注意下さい。)

注意事項

 日本で亡くなった外国籍の人も死亡届出が必要です。詳しくはあらかじめご相談ください。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 地域振興部-戸籍住民課
戸籍係 TEL:03-5273-3506 FAX:03-3209-1728

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。