新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行

最終更新日:2021年10月14日

海外渡航予定がある方を対象に、申請を受け付けしています。

※当面は、現に海外渡航の予定がある方のみを対象としています。
※国内向けに証明が必要な方は、接種済証または接種記録書をご使用ください。
  • 接種済証
 ワクチン接種の際に必要となる接種券の右端の部分に、接種記録のシールを貼り付けたもの(シールの代わりにLot Noが手書きされている場合があります)が接種済証です。
  • 接種記録書
 医療従事者や職域接種などで、接種券が届く前に接種された方などに発行される書類です。
 

申請できる方

 次のいずれかに該当する方で、現に海外渡航の予定のある方
  •   新宿区が発行した接種券を用いて接種をした方
  •  接種日時点で新宿区に住民票がある(あった)方
 (医療従事者等で、新宿区が発行した接種券を用いずに接種した方でも、接種日時点で新宿区に住民票があれば、新宿区が証明書を発行します。)
 

申請・発行方法

 郵送で申請してください。受付後開庁日5日前後を目途に証明書を書面で発行し、原則住民票住所に返送します。
 ※システムとの照合や入力等に時間を要するため、窓口でなく郵送での受付とします。
 ※発送にかかる日数は、申請状況により前後します。
 ※書類に不備がある場合、発行までにお時間をいただく場合があります。
 ※郵送事故等の責任は負いかねますので、心配の方は、簡易書留や特定記録郵便での郵送をお願いします。
 

必要書類

 申請書に下記の書類を添付し、送にてご提出ください。
 ※申請書様式については、下記ファイルをダウンロードしてください。
  申請書(日本語)[Excel形式:13KB](新規ウィンドウ表示)
  申請書(英語)[Excel形式:12KB](新規ウィンドウ表示)
 
(1)有効期限内の旅券(パスポート)の写し
(2)住民票に記載の住所がわかる本人確認書類(マイナンバーカード等)の写し
(3)接種済証、接種記録書、予診票の本人控え(証明に必要な分)のいずれかの写し
(4)84円切手を貼付した長形3号サイズの返信用封筒(宛名・送付先住所の記載必須)

 ~場合により必要な書類~
(5)送付先が住民票に記載の住所と異なる場合、その理由がわかる書類の写し
(6)旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合、それらの漢字表記がわかる書類(旧姓併記のされた
  マイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票など)の写し
(7)代理人による申請の場合、委任状
 ※委任状については、下記ファイルをダウンロードしてください。
  委任状(日本語)[Word形式:14KB](新規ウィンドウ表示)
     委任状(英語)[Word形式:14KB](新規ウィンドウ表示)

※ご家族の場合であっても、本人以外の申請の場合は委任状が必要になります。
 

書類の郵送先

〒160-0022
新宿区新宿五丁目18番14号 新宿北西ビル5階 
新型コロナウイルスワクチン対策室 接種証明担当宛
 

発行手数料

 無料
 

留意事項

 接種証明書の申請先は、接種した時の接種券を発行した自治体(原則、住民票所在自治体)となります。
 例えば、引っ越しなどで1回目の接種をした時の接種券は渋谷区が発行、2回目の接種をした時の接種券は新宿区が発行していた場合、1回目についての接種証明書は渋谷区に、2回目についての接種証明書は新宿区に、それぞれ申請を行い、交付を受けることになります。
 

その他

  • 当面は、国の指示により、現に海外渡航の予定がある方のみを対象としています。
  • 入国時に接種証明書を必要とする国は、外務省HPで公表予定です。
  • 今後も随時情報更新してお知らせします。

本ページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種対策室
電話:03-3208-2222
ファクス:03-5273-4357

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。