毎月8日は「しんじゅく野菜の日」

生活習慣病予防のために1日に必要な野菜の量は、350g(小皿5皿分)です。一方、区の調査では「小皿5皿」以上の野菜を食べている区民の方は、約1割しかいません。そこで、区民の皆さんに野菜のおいしさや魅力について知っていただき、野菜を身近に感じてもらうきっかけとなるよう、野菜の「や」にちなみ毎月8日を「しんじゅく野菜の日」とします。
毎月8日の「しんじゅく野菜の日」を中心に、区内の保育園・学校・事業所等の給食施設やスーパーマーケット、飲食店等と連携して情報発信を行うとともに、手軽に野菜をとることができる食環境づくりに取り組んでいきます。
 
▲「しんじゅく野菜の日」ロゴマーク