感染症法に基づく届出について

最終更新日:2015年11月19日

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(以下、感染症法)第12条第1項及び第14条第2項に基づき、定められた感染症を診断した医師は最寄りの保健所に届け出ることになっています。

届出基準

感染症ごとに届出基準が規定されています。詳細な届出基準については、東京都感染症情報センターホームページをご覧ください。

届出様式

届出基準を満たした場合、診断した医師は様式に基づいて届け出ます。一類~四類感染症ではただちに 、五類感染症(全数把握対象疾患)では7日以内に報告をお願いします。また五類感染症(定点把握対象疾患)は指定された定点医療機関のみ、月ごともしくは週ごとに報告をお願いしています。

届出様式については、東京都感染症情報センターホームページをご覧ください。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-保健予防課
予防係:電話03-5273-3859 FAX03-5273-3820 

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。