申請

最終更新日:2021年3月3日

 介護保険のサービスを利用する場合は、「要介護・要支援認定」の申請が必要になります。下記の窓口に申請してください。また、居宅介護支援事業者や介護保険施設などに申請代行をしてもらうこともできます。

※更新申請に限り、希望する方には臨時的な取扱いを実施しています。下記「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に係る臨時的な取扱いについて」をご覧ください。

申請に必要なもの

  • 要介護認定・要支援認定申請書、要介護・要支援状態区分変更認定申請書
    (申請窓口にもあります)
  • 介護保険被保険者証
  • 健康保険被保険者証(40歳から64歳までの方〔第2号被保険者〕※新宿区国民健康保険に加入の方は除く)
  • 個人番号確認と本人確認書類

申請窓口

・新宿区役所高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)(高齢者支援課高齢者相談第一・第二係)
・区内各高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)
高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)は、申請する方の住所により担当地域が決められています。
※原則として、上記高齢者総合相談センターが申請窓口となりますが、各特別出張所では、初めて「要介護認定・要支援認定」を受ける方のみ受け付けます。

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止に係る臨時的な取扱いについて

厚生労働省からの事務連絡に基づき、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から更新申請については、認定調査を実施せず、従来の要介護(要支援)状態区分で認定有効期間に最大12か月の期間を合算する臨時的な取扱いも行っています。
※臨時的取扱いを希望されない場合は通常の審査による認定となります。認定調査を行う際は感染リスクに十分な配慮をした上で実施します。
※新規申請・状態区分変更申請については、臨時的取扱いの対象外とされています。更新申請のみの取扱いとなりますのでご了承ください。
※病院や施設が面会を禁止する等の措置をとることで認定調査が困難な場合も、更新申請の場合は臨時的取扱いの対象となります。
※今後厚生労働省等からの通知などにより、この取扱いが変更になる可能性があります。

申請時の注意事項

「更新申請書」と「要介護・要支援認定申請に伴う連絡事項」を提出してください。申請後、前回認定と同じ要介護(要支援)状態区分で従来の認定有効期間に12か月または6か月の期間を合算します。
■要介護・要支援認定申請に伴う連絡事項の用紙の「申請の理由」欄に、『新型コロナウイルス感染症に係る臨時的取扱いにより有効期間の合算を希望』とご記入ください。
記入がない場合は、通常の審査による認定として進めます。
■申請書を受理後、新たな認定有効期間を記載した介護保険被保険者証を送付します。

問い合せ先

高齢者支援課高齢者相談第一・第二係 電話(直通):03-5273-4593 介護保険課認定第一係 電話(直通):03-5273-3643

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 福祉部-介護保険課
認定第一係 電話(直通):03-5273-3643・FAX:03-3209-6010  高齢者支援課高齢者相談第一・第二係 電話(直通):03-5273-4593・FAX:03-5272-0352

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。