合唱祭「ねぇねぇきいて!コンサート」を開催
高田馬場で子どもたちが明るい歌声を披露

最終更新日:2017年9月12日

写真:コンサートの様子
写真:コンサートの様子
写真:コンサートの様子
今日12日、地域の保育園・幼稚園児による合唱祭「ねぇねぇきいて!コンサート」が東京富士大学二上講堂(下落合1-9-7)で開催され、子どもたちが明るい歌声を響かせた。主催は、ねぇねぇきいて!実行委員会。新宿区、こころの東京革命協会、東京富士大学が後援し、日本郵便株式会社新宿区内郵便局などが協賛している。

企画は、地域で子どもたちの見守り活動に取り組んでいる、こころの東京革命協会チーフアドバイザー・海上富雄さん。「地域の皆さんに子どもたちの元気で明るい歌声を聞かせたい」という思いから、高田馬場駅周辺の保育園・幼稚園に呼び掛け、合同コンサートを開催した。企画の主旨に賛同した東京富士大学が会場を提供し、子どもたちが大きなステージで合唱を発表できる貴重な機会となっている。

今日のコンサートには、新宿せいが子ども園、百人町保育園、中落合第二保育園、オルト保育園、落合第四幼稚園、キッズタウン下落合保育園、高田馬場第二保育園、大久保第一保育園の8園から、271名の園児が参加。コンサートの前に、こころの東京革命協会チーフアドバイザーの飯塚操さんが登壇し、園児たちに「年下の子がまねしたくなるような優しいお兄さんお姉さんになってください」と呼び掛けると、園児たちは「はい!」と元気に返事をしていた。
その後、各園がこの日のために練習した合唱を披露。「きらきらぼし」「小さな世界」といった、誰もが子どもの頃に歌った合唱曲のほか、「365日の紙飛行機」「みんながみんな英雄」などの最近のポップソングをお揃いの衣装と振り付けで元気いっぱいに合唱した。子どもたちが一生懸命に歌う姿に、会場に集まった家族や日頃から子どもたちの健やかな成長を見守る地域の方々は、ステージに向けて手を振り、各園の合唱が終わると温かい拍手を贈っていた。
最後に、園児と会場の皆さんで「とんぼのめがね」を合唱。満席の会場に爽やかな歌声が響き渡った。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 子ども家庭部-保育課
運営係 03-5273-4525

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。