歌舞伎町観光バス駐車場 オープニングセレモニーを開催

最終更新日:2017年3月17日

吉住区長の挨拶の様子
テープカットの様子
駐車スペースにとまる観光バス
今日17日、歌舞伎町周辺等の観光バス滞留対策として、公益財団法人東京都道路整備保全公社が運営する観光バス駐車場(歌舞伎町2―20―2)がオープンした。

歌舞伎町周辺等の道路上では、外国人観光客の増加に伴い、観光客乗降・待機時に発生する観光バスの路上駐車が引き起こす渋滞などの交通障害が社会問題となっている。
新宿区(区長:吉住健一)は、地元住民の安全確保、交通障害の解消と観光客の受け入れ環境の整備を目的とした取り組みを進めている。今回の歌舞伎町観光バス駐車場の設置に当たっては、駐車場用地を区が株式会社ロッテから借り受け、公益財団法人東京都道路整備保全公社に提供し駐車場の整備・運営を補助している。
今後も東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて、さらに観光バスの流入台数が増えることが予想される。区は引き続き、警察と連携し、駐車場の利用促進による観光バスの路上駐車の解消に取り組む。

今日のオープニングセレモニーでは、吉住区長のほか、宮橋圭祐・新宿警察署長、河合克美・株式会社ロッテ取締役副社長、横溝良一・公益財団法人東京都道路整備保全公社理事長らが出席。吉住区長は「路上駐車などによる交通の滞留を防ぎ、観光客や来街者がより安心して新宿の魅力を楽しめるように引き続き環境の整備に努めていきたい」とあいさつ。その後、出席者らがテープカットを行って駐車場のオープンを祝うと、会場には盛大な拍手が送られた。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 文化観光産業部-文化観光課
にぎわい創出等担当 電話:03-5273-4220

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
お探しのページは見つかりましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。