引越しで住所を異動される方は、窓口での「正確な住所の届出」が必要です

最終更新日:2021年3月19日

 就職・転勤・進学などで転出された方は、原則、現在住んでいるマンション・寮・アパート等が住所地になります。
 住所の異動がある方は、住民基本台帳法に基づき、転出・転入の手続きをする必要があります。
 住民票の住所の異動届は、国民健康保険及び国民年金の資格の有無や、選挙人名簿への登録などにつながる大切な手続きとなりますので、忘れずに手続きをお願いいたします。

 住所変更の届出について、詳しくは、こちらのページをご参照ください。

関連情報

総務省のホームページ~住所の異動は正しく行われていますか?~(外部サイトへリンク)

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。