【事業主の皆様へ】~外国人雇用はルールを守って適正に管理しましょう~
雇入れ・離職時の届出と適切な雇用管理は事業主の責務です!

最終更新日:2019年1月18日

 外国人が在留資格の範囲内でその能力を十分に発揮しながら、適正に就労できるよう、事業主の方が守らなければならないルールや配慮していただきたい事項があります。内容をご理解の上、適正な外国人雇用をお願いします。
 1 外国人の雇用状況を適切に届け出てください。
  外国人の雇入れや離職の際には、その氏名、在留資格などをハローワークに届け出てください。ハローワークでは、届出に基き、雇用環境の改善に向けて、事業主の方への助言や指導、離職した外国人への再就職支援を行います。
 また、届出に当たり、事業主が雇い入れる外国人の在留資格などを確認する必要があるため、不法就労の防止につながります。
 2 外国人の雇用管理を適切に行ってください。
  事業主が遵守すべき法令や、努めるべき雇用管理の内容などを盛り込んだ「外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するための指針」を定めています。この指針に沿って、職場環境の改善や再就職の支援に取り組んでください。
 
 ※詳細はこちら⇒外国人の雇用についてのパンフレット
 

本ページに関するお問い合わせ

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。