予算編成過程の情報公開

最終更新日:2022年2月25日

令和4年度予算は、「新型コロナウイルス感染症が及ぼす社会経済情勢の動向に柔軟に対応し、感染症収束後も視野に入れ、安全で安心な区民生活を支えるとともに第二次実行計画の着実な推進を目指す予算」と位置づけ、第一に、コロナ禍における事業の優先度を的確に見極めながら、効果的な財源配分を行うこと、第二に、行政評価や直近の状況分析に基づく事務事業の見直しとデジタル技術等を活用した事業転換等を通じ、効果的・効率的な事業構築を図ること、この二点を基本に編成しました。

第二次実行計画の2年目にあたる令和4年度においては、引き続き感染状況の変化や感染症が区民生活にもたらす影響に柔軟に対応するとともに、「新たな日常」の定着を図らなければなりません。そのうえで、コロナ禍を機とする生活様式や働き方の変化、また、昨今の環境問題への意識の高まりなどの地域社会の変革を踏まえるとともに、感染症収束後も見据え、高齢者や子育て世代への支援など誰もが安心して住み続けられる環境の整備、災害に強い安全で安心なまちの実現、魅力あふれる賑わい都市の創造と地域の特性を活かしたまちづくりなどの財政需要に的確に対応するため、予算を重点的に配分しています。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 総合政策部-財政課
電話:03-5273-4049

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。