新宿区教育ビジョン(平成30(2018)年度~平成39(2027)年度)を策定しました

最終更新日:2018年3月26日

 教育委員会は、平成30年2月、これまでの教育ビジョンをもとに築いてきた取組をより確実なものにするとともに、子どもたちが生涯を切り拓いていく力を一層伸ばしていくため、10年後の子どもたちの育ち・学びを見据えた新たな「新宿区教育ビジョン」を策定しました。
 策定に当たっては、有識者やPTA代表等を含む教育懇談会や、学校教職員の意見のほか、地域説明会やパブリック・コメント制度により区民の皆さんから寄せられた多くのご意見を参考にしました。

以下のリンクからダウンロードできます

区政情報センター(区役所1階)でも頒布しています

・ 新宿区教育ビジョン(平成30(2018)年度~平成39(2027)年度):1部300円
・ 新宿区教育ビジョン(素案)に対する「パブリック・コメントにおける意見要旨と教育委員会の考え方」「地域説明会における意見・質問要旨と回答要旨」:無料

新宿区教育ビジョン(平成30(2018)年度~平成39(2027)年度)について

目的・位置付け

〇 教育ビジョンは、教育基本法第17条第2項に定める「教育振興基本計画」として策定しました。
〇 教育ビジョンは、教育目標を達成するために、平成21年3月に策定した教育ビジョンをふまえ、今後取り組むべき課題を整理し、新宿区の目指す教育と、その実現のための施策や事業を総合的かつ体系的に明らかにし、区民に分かりやすく示していくことを目的としたものです。

基本的構成・計画期間

〇 教育ビジョンは、教育目標を実現するための「3つの柱」、「10の施策」及び「個別事業」で構成します。
〇 計画期間は平成30(2018)年度から平成39(2027)年度までの10年間です。
  なお、個別事業については、平成30(2018)年度から平成32(2020)年度までの3年間とし、その後の個別事業の期間は、以下のとおりとします。
  ・平成33(2021)年度から平成35(2023)年度までの3年間
  ・平成36(2024)年度から平成39(2027)年度までの4年間
  また、上記の期間内であっても、教育環境の変化等をふまえ、必要に応じて修正や見直しを行います。

教育目標を実現するための「3つの柱」

  柱1 子ども一人ひとりの「生きる力」をはぐくむ質の高い学校教育の実現
  柱2 新宿のまちに学び、家庭や地域とともにすすめる教育の実現
  柱3 時代の変化に対応した、子どもがいきいき学ぶ教育環境の実現

新宿区教育ビジョン等の閲覧について

 『新宿区教育ビジョン(平成30(2018)年度~平成39(2027)年度)』及び『新宿区教育ビジョン(素案)に対する「パブリック・コメントにおける意見要旨と教育委員会の考え方」「地域説明会における意見・質問要旨と回答要旨」』は、以下の場所で閲覧するすることができます。

・区役所本庁舎(教育調整課・区政情報課・区政情報センター)
・特別出張所
・区立図書館

新宿区教育ビジョン概要版及び主要事業(リーフレット)

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 教育委員会事務局-教育調整課
企画調整係
電話:03-5273-3074  FAX:03-5273-3510