手足口病の報告数が増加しています!

最終更新日:2019年7月9日

1.手足口病とは
 手足口病は、エンテロウイルス属のウイルスによって引き起こされる感染症で、5歳以下の乳幼児を中心に夏に流行する感染症です。主な症状は、口の中、手のひら、足の裏などにできる2~3mmの水疱性の発しんで、3~7日程度で消失します。その他には発熱、食欲不振、のどの痛みなどの症状がみられます。基本的に予後は良好ですが、合併症として稀に髄膜炎や脳炎を起こすともあります。特別な治療法は無く、対症療法が中心になります。

2. 感染経路
 手足口病はウイルスが含まれた咳やくしゃみを吸い込んだり、手についたウイルスが口に入ったりすることで感染します。症状がおさまった後も、患者さんの便の中にはウイルスが含まれます(2~4週間)ので、トイレ使用時やオムツ交換の際には注意が必要です。

3. 予防について
 感染予防には、こまめな手洗いが有効で、トイレの後やオムツ交換の後、食事の前には手洗を心がけ、集団生活ではタオルの共有は避けましょう。また、咳やくしゃみをする時には口と鼻をティッシュ等でおおう等、咳エチケットを心がけましょう。

※詳細は東京都感染症情報センターHPをご覧ください。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 健康部-保健予防課
予防係 TEL:03-5273-3859  FAX:03-5273-3820

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。