マンション自主防災組織防災資機材助成事業

最終更新日:2022年4月5日

マンション自主防災組織に防災資機材(防災用品)を現物支給します

 区内のマンション自主防災組織の結成促進・活動支援のため、区が選定した20品目から、申請者(マンション自主防災組織)が選んだ防災資機材を合計20万円(税込)を限度に現物支給します(1組織に付き1回)。
 申請書等は、本ページでダウンロードできます。

 
1 要件
  申請に当たっては、下記の要件のすべてを満たす自主防災組織である必要があります。
 [1] 地階を除く5階以上かつ住宅の用途に供する部分の戸数が20戸以上の共同住宅における組織であること。
 [2] 区の防災区民組織として認定を受けていないこと。
 [3] 自主防災組織の結成について、管理組合等の総会等で承認されていること。
 [4] マンション防災計画(自主防災組織が防災対策について独自に定めたマニュアル)を策定していること。
 [5] 区の防災区民組織への登録を検討すること。

2 支給資機材及び金額
 [1] 支給資機材について
          下記の20品目の中から、合計20万円以内(税込)でお選びください。
          各資機材の仕様や金額等については、別紙資機材カタログをご参照ください。
   ※ カタログに掲載している製品の価格は、消費税率10%で計算しています。
小型発電機 組立式トイレ テント  エレベータ用キャビネット
布担架 ヘルメット  トランシーバー 拡声器
懐中電灯 油圧ジャッキ 警笛 三角バケツ
救急セット 簡易ベッド ホワイトボード 非常用階段避難車
救出工具セット リヤカー 給水タンク 携帯ラジオ

3 申請
 [1] 必要書類
  ア 新宿区中高層マンション自主防災組織防災資機材支給申請書(第1号様式)
  イ 新宿区中高層マンション自主防災組織防災資機材支給申請リスト(第2号様式)
  ウ 自主防災組織の役員名簿
  エ 自主防災組織の結成を証明できる書類(総会・理事会の議事録等)
  オ マンション防災計画
   ※ ア・イは下記から出力するか、または危機管理課窓口で配布しています。
   ※ ウ~オは任意の書式で結構です。
   ※ オは消防法第八条で作成を義務付けられている『消防計画』とは異なります。
 [2]申請時期及び納品時期
   令和4年4月5日(火)~令和4年11月30日(水)までの間、下記のとおり期間を区切って申請を受け付けます。
   ※ 申請組織数によっては、下記の第2期・3期の受付は実施しない場合があります。
   ※ 先着順(申請書受付順)のため、本年度の支給が受けられない場合があります。
  
  受付期間
(事前相談受付期間)
申請書原本
提出期限
納品時期(目安)
第1期 4月5日(火)~4月21日(木) ~4月28日(木) ~6月末まで
第2期 7月5日(火)~8月24日(水) ~8月31日(水) ~10月末まで
第3期 10月5日(水)~11月24日(木) ~11月30日(水) ~1月末まで

 [3] 申請の流れ
ア 対象確認 要件(上記1)にあてはまるかを確認してください。
イ 事前相談 申請書類の案を作成し、各受付期間中に危機管理課へ提出してください(郵送・FAX可)。内容の確認や修正等について、危機管理課からご連絡します。
ウ 申請書提出 申請書類一式を、危機管理課へ提出してください(郵送可)。
※先着順(申請書類受付順)に支給(不支給)を決定します。
エ 支給(不支給)決定 受付後、審査の上、支給(不支給)決定通知書をお送りします。
※審査の結果、支給ができない場合があります。
オ 納品 上記3の【2】の納品時期を目安に、日程調整のうえ、資機材を納品します。
※受取人の方の署名もしくは記名・押印が必要になります。
カ 訓練等実施
・報告書提出
自主防災組織で防災訓練等を実施し、その結果を区へ報告してください。
※下記5参照


 [4] 申請先
     〒160-8484 東京都新宿区歌舞伎町1-4-1
     新宿区危機管理課地域防災係

4 支給後の資機材について
 [1] 資機材の管理
   ア 防災資機材の支給を受けた自主防災組織は、善良な管理者の注意をもって資機材の管理を行ってください。
   イ 維持管理や修繕にかかる費用は、各組織でご負担ください。
 [2] 資機材の返還
   以下に該当する場合、資機材を区へ返還していただきます。
   ア 防災資機材の支給後、1年以内に、自主防災組織の活動を中止し、また自主防災組織を解散したとき。
   イ 防災資機材について、社会通念上認められない使用等をしたとき。
   ウ 「新宿区中高層マンション自主防災組織防災資機材支給要綱」の規定に違反したとき。

5 防災訓練等の実施・報告
  防災資機材の支給を受けた自主防災組織は、防災訓練等を1年に1回以上行い、支給を受けた年度から3年間は、その活動等を「新宿区中高層マンション自主防災組織防災訓練等実施報告書(第4号様式)」により、区に報告してください。

6 問い合わせ先
  新宿区危機管理課地域防災係(新宿区役所本庁舎4階13番窓口)
  TEL 03-5273-3874

  FAX  03-3209-4069 

マンション自主防災組織に防災資機材(電源確保資機材)を現物支給します

 停電時においても、区内のマンション自主防災組織がマンション内での応急活動や情報収集を確実に行えるよう、区が選定した発電機や蓄電池などの電源確保資機材の中から総額25万円(税込)を限度に現物支給します(1組織に付き1回)。なお、本申請はマンション防災資機材(防災用品)の現物支給を受給予定の団体のみ申請いただけます。
 申請書等は本ページでダウンロードできます。

 
1 要件
 
   マンション防災資機材(防災用品)現物支給の事前相談を終えていること。

2 支給資機材及び金額
      各資機材の仕様や金額等を別紙資機材カタログでご確認いただき、
   合計25万円以内(税込)でお選びください。
   ※ カタログに掲載している製品の価格は、消費税率10%で計算しています。
 
   【支給資機材(例)】
    発電機(ガソリン式)、発電機(カセットボンベ式)、ソーラー充電器、空気電池
    自転車チャージャー、手回し充電器 ほか


3 申請
 [1] 必要書類
  ア 新宿区防災区民組織等電源確保資機材支給申請書(第1号様式)
  イ 新宿区防災区民組織等電源確保資機材支給申請内訳書(第2号様式)
   ※ ア・イは下記から出力するか、または危機管理課窓口で配布しています。
 [2] 申請期間
     令和4年4月5日(火)~令和4年4月28日(木)まで
     ※ 先着順(申請書受付順)のため、申請状況により支給が受けられない場合があります。
  
 [3] 申請の流れ
ア 対象確認 要件にあてはまるか確認してください。
イ 事前相談 申請書類の案を作成し、各受付期間中に危機管理課へ提出してください(郵送・FAX可)。
内容の確認や修正等について、危機管理課からご連絡します。
ウ 申請書提出 申請書類一式を、危機管理課へ提出してください(郵送可)。
※先着順(申請書類受付順)に支給(不支給)を決定します。
エ 支給(不支給)決定 受付後、審査の上、支給(不支給)決定通知書をお送りします。
※審査の結果、支給ができない場合があります。
オ 納品 納品時期については、日程調整のうえ、資機材を納品します。
※受取人の方の署名もしくは記名・押印が必要になります。
カ 訓練等実施
・報告書提出
自主防災組織で防災訓練等を実施し、その結果を区へ報告してください。
※下記5参照


 [4] 申請先
     〒160-8484 東京都新宿区歌舞伎町1-4-1
     新宿区危機管理課地域防災係

4 支給後の資機材について
 [1] 資機材の管理
   ア 防災資機材の支給を受けた自主防災組織は、善良な管理者の注意をもって資機材の管理を行ってください。
   イ 維持管理や修繕にかかる費用は、各組織でご負担ください。
 [2] 資機材の返還
   以下に該当する場合、資機材を区へ返還していただきます。
   ア 防災資機材の支給後、1年以内に、自主防災組織の活動を中止し、また自主防災組織を解散したとき。
   イ 防災資機材について、社会通念上認められない使用等をしたとき。

5 問い合わせ先
  新宿区危機管理課地域防災係(新宿区役所本庁舎4階13番窓口)
  TEL 03-5273-3874

  FAX  03-3209-4069 

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 防災
危機管理担当部危機管理課地域防災係 03-5273-3874

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。