受験生チャレンジ支援貸付事業

最終更新日:2018年4月1日

概要

 受験生チャレンジ支援貸付事業貸付金は、学習塾などの費用や、高校や大学などの受験費用について貸付けを行うことにより、一定所得以下の世帯の子供への支援を目的とした貸付金です。

 中学3年生、高校3年生又はこれに準じる子供を養育する方に塾費用や受験料の貸付を無利子で行います。
 さらに高校・大学等に入学した場合、返済が免除されます。

 中途退学した方の再チャレンジにもご利用いただけます。

※貸付には要件があります。詳しくは下記窓口までお問合せください。
 

貸付金の種類

■学習塾等受講料貸付金

〇対象       中学3年生・高校3年又はこれに準じる方(※1)
〇貸付限度額   200,000円(上限)(※2)
〇貸付の範囲   対象となる学習塾等の費用

 ★貸付対象となる学習塾とは
  ・児童、生徒または学生を対象とし、有償での学力の教授を直接または通信で行うもの
  ・一定期間以上運営を継続していること
  ・家庭教師は対象外

■受験料貸付金(高校受験料)
〇対象                   中学3年生又はこれに準じる方(※1)
〇貸付限度額       27,400円(上限)(※2)
〇貸付の範囲       対象となる高等学校等の受験料
            (1度の貸付で4回(校)分の受験料まで貸付可。1校当たりの受験料は2万3千円まで)

 ★貸付対象となる高等学校等とは
  ・学校教育法に規定する高等学校、特別支援学校(高等部)、高等専門学校(同法第1条)


■受験料貸付金(大学受験料)
〇対象                   高校3年又はこれに準じる方(※1)
〇貸付限度額       80,000円(上限)(※2)
〇貸付の範囲       対象となる大学等の受験料
            
 ★貸付対象となる大学等とは
  ・学校教育法に規定する大学、短期大学、専修学校、各種学校(同法第1条、第124条、第134条)



※1  準じる方とは、中学3年または高校3年に在籍していない進学を目指す方(高校・大学等中途退学者、高卒認定試験合格者、定時制高校4年生、浪人生、編入希望者等)です。

※2  1人の子供に対して、複数年度に渡る利用はできません。 ただし、中学3年生のときに貸付を受け、高校3年生で再度申し込むことは可能です。

窓口(問合せ・申込み先)

新宿区社会福祉協議会 受験生チャレンジ支援貸付事業担当 
 電話 03-5292-3250 Fax 03‐5273‐3082
 新宿区社会福祉協議会のホームページ

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 福祉部-地域福祉課
福祉計画係 電話 03-5273-3517(直通) FAX 03-3209-9948