2019年度経済センサス-基礎調査を実施します。

最終更新日:2019年4月5日

総務省統計局は「2019年度経済センサス-基礎調査」を実施します。

経済センサス-基礎調査とは

 「経済センサス‐基礎調査」は、統計法に基づきすべての産業分野における事業所の活動状態等の基本的構造を全国及び地域別に明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の母集団情報を整備することを目的としています。

調査期間

 2019年6月から2020年3月まで
 (2か月毎に調査地域を変更しながら実施します。)

調査の方法

 調査は調査員証を携行した調査員が外観等により事業所の活動状態等を確認します。
 また、新たに把握した事業所には調査票を配布します。

調査の結果

 調査結果は、国や地方自治体における行政施策の立案や、民間企業における経営計画の策定など、社会経済の発展を支える基礎資料として活用されます。
 回答いただいた内容は統計作成の目的以外(税の資料など)には、絶対に使用しません。

調査員とは

 調査員は都知事に任命された特別職の地方公務員です。
調査員には統計法により
○ 調査で知り得た情報の守秘義務
○ 情報を漏らした場合の罰則の適用
が規定されています。

「かたり調査」にご注意ください!

 経済センサス‐基礎調査では、電話で口座番号などの情報や家族構成といった情報をお尋ねすることはありません。
統計職員をかたる不審な電話があった場合は、一旦電話を切り、新宿区の統計係や警察署にご相談ください。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 地域振興部-地域コミュニティ課
統計係
〒160-8484
新宿区歌舞伎町一丁目4番1号
新宿役所本庁舎1階
電話:03-5273-4096(直通)
FAX:03-3209-7455

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。