新宿区ひとり親世帯等応援臨時給付金【新宿区独自事業】

最終更新日:2021年2月27日

【申請受付は終了いたしました。】
 新型コロナウイルス感染症の流行により子育てに係る経費の増加、収入の減少等の影響を受けている低所得のひとり親世帯及び障害のある子どもを養育する世帯を支援するため、新宿区独自事業としてひとり親世帯等応援臨時給付金を支給します。

給付対象者

以下のいずれかに該当する方
(1) 新宿区から令和2年11月分の児童育成手当の支給を受ける方
(2) 新宿区から家計急変者としてひとり親世帯臨時特別給付金の支給を受けている方(令和2年10月30日までに申請した方は、申請日から令和2年11月1日までの間、引き続き新宿区に住所を有することが必要となります。)
(3) 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、直近の収入が児童育成手当の所得水準※1を下回り、その他の新宿区児童育成手当の支給要件※2を満たす方

※1 生計を同じくする配偶者等(支給要件が障害の場合)がいる場合、収入の高い方が申請者となります。ただし、収入の高い方が申請日現在、新宿区に住所を有しない場合は対象となりません。
※2 支給要件は下記をご確認ください。

支給要件

申請時点において、以下のいずれかの支給要件に該当する児童を養育している必要があります。
[1]~[9]について、「児童」とは18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある方をいいます。
[1]父母が婚姻(法律婚)を解消した児童
[2]父母が婚姻(事実婚)を解消した児童
[3]父または母が死亡した児童
[4]父または母が障害※1の状態にある児童
[5]父または母の生死が明らかでない児童
[6]父または母が引き続き1年以上遺棄している児童
[7]父または母がDV被害に関する保護命令を受けた児童
[8]父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
[9]婚姻によらないで出生し、子の父(父子家庭の場合は母)に扶養されていない児童
[10]障害※2の状態にある20歳未満の児童

※1 「障害」とは、以下の状態をいいます。
 ・身体機能に、労働することを不能ならしめ、かつ、常時の介護を必要とする
 ・精神に、労働することを不能ならしめ、かつ常時の監視又は介護を必要とする
 ・身体障害者障害程度等級1、2級及び3級の一部の判定を受け、身体障害者手帳が発行されている
 なお、児童扶養手当・児童育成手当・ひとり親家庭等の医療費助成制度の受給資格を新宿区から認定されていない方が、[4]を支給要件として申請される場合は、障害の状態を確認することができる書類(身体障害者手帳の写しなど)を添付してください。

※2 「障害」とは、以下の状態をいいます。
 ・知的障害児であって、「愛の手帳」の1・2・3度程度の判定がされている
 ・身体障害児であって、「身体障害者手帳」の1・2級程度の判定がされている
 ・脳性麻ひ又は進行性筋萎縮症である
 なお、特別児童扶養手当又は児童育成手当の受給資格を新宿区(特別児童扶養手当は都道府県)から認定されていない方が、[10]を支給要件として申請される場合は、障害の状態を確認することができる書類(身体障害者手帳の写しなど)を添付してください。
 (注意) 精神障害は対象外となります。特別児童扶養手当の受給資格を精神障害のみで認定されている方は対象外となりますので、ご注意ください。

支給の対象外

児童育成手当と同様に次のいずれかに該当するときは、支給の対象となりません。
・児童が児童福祉施設等(通園施設等を除く)に入所しているとき
・児童が里親に委託されているとき(支給要件[1]~[9]の場合)
・児童が父(父子家庭の場合は母)と生計を同じくしているとき(支給要件[1]~[3]、[5]~[9]の場合)
・児童が母(父子家庭の場合は父)の配偶者(事実上の配偶者を含む)と生計を同じくしているとき(支給要件[1]~[9]の場合)

「生計を同じくする」とは
児童の母(父子家庭の場合は父)が異性の方(元配偶者、事実上の配偶者またはそれに準ずる方)と次の1から3のいずれかの状況にあることをいいます。
1.法律上の婚姻関係にあること
2.住民票上同一住所地にあること
3.住民票上同一住所地になくとも実際に同居しているか、それに準ずる定期的な訪問があり、かつ、定期的に生計の補助を受けている場合

給付額

給付対象の児童1人につき50,000円(1回に限る)

申請手続等

(1) 新宿区から令和2年11月分の児童育成手当の支給を受ける方

申請不要です。
令和2年12月15日(火)に、児童育成手当と同じ口座に振り込みました。
振込人名義は「シンジュククヒトリオヤセタイトウオウエンリンジキュウフキン」です。

(2) 新宿区から家計急変者としてひとり親世帯臨時特別給付金の支給を受けている方(令和2年10月30日までに申請した方は、申請日から令和2年11月1日までの間、引き続き新宿区に住所を有することが必要となります。)

申請不要です。
令和2年12月15日(火)に、ひとり親世帯臨時特別給付金と同じ口座に振り込みました。
振込人名義は「シンジュククヒトリオヤセタイトウオウエンリンジキュウフキン」です。

(3) 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、直近の収入が児童育成手当の所得水準を下回り、その他の新宿区児童育成手当の支給要件を満たす方

申請受付は終了いたしました。
【給付方法】
給付金の支給要件に該当する方に対して、申請内容を審査の上、指定口座に振り込みます。
振込人名義は「シンジュククヒトリオヤセタイトウオウエンリンジキュウフキン」です。
振込日については、支給決定後にお送りする支給決定通知書をご確認ください。

「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

 本給付金の申請者の方には新宿区から申請内容について確認の電話をさせていただくことがありますが、ATMの操作等を依頼することは決してありません。
 ご自宅や職場などに都道府県・区市町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話や郵便があった場合は、新宿区や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

本ページに関するお問い合わせ

新宿区 子ども家庭部-子ども家庭課
育成支援係【区役所本庁舎 2階16番窓口】
TEL:03-5273-4558 FAX:03-3209-1145

本ページに関するご意見をお聞かせください

本ページに関するアンケート
本ページの情報は役に立ちましたか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。
本ページは見つけやすかったですか?以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

区政についてのご意見・ご質問は、ご意見フォームへ。